Tuesday, 31 March 2009

【世界の街角から】アシガバート(トルクメニスタン)2 第19号 2009年3月31日

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角から」          第19号 2009年3月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今号はアシガバート(トルクメニスタン)滞在のレポート(2)です。

出張先の都市より人や街、生活のこと、耳にしたこと、肌で感じたこと、美しい
もの、旨いもの、ちょっと硬い言葉で言えば社会経済情勢かな、等、気ままなレ
ポート等をお届けしています。
▼今号の目次はこちらです。
アシガバート(1)
■トルクメニスタンへのルート
■トルクメニスタンへの入国
■アシガバートのホテル
■アシガバートのレストラン
■アシガバートの町の様子
アシガバート(2)
■アシガバートのショッピング
■トルクメニスタンのインターネット事情
■トルクメニスタンガイドブック
■トルクメニスタンの旅行会社と旅行記
■アシガバート国際空港からの出国
■■編集後記
バックナンバー: http://archive.mag2.com/0000283202/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アシガバートのショッピング
会議に忙殺されていたのでサンプル数が非常に少ない。普段ならブラブラと町や
ショップを回りながら感覚を掴むのだが、これは次回に。補助金が支出されてい
るので生活必需品の価格は抑えられていると聞いた。

▼Yimpas
トルコ系スーパーマーケット、概ねなんでも揃う。3階がレストランになってい
る。隣が同じYimpasというビジネスセンターなのでランチは比較的混んでいる。
1階にランドリー、両替所がある。
Turkmenbashi sayoli 54

▼Russian Bazar
少し時間が空いたので運転手にTsUMへ連れて行ってくれとリクエストしたらここ
へ連れてこられた。統計委員会の前に旧TsUMがあったのでそこを意図したがそれ
はそれでよし。

私が行ったバザールがこのRussian Bazarなのか確認できていない。大きなマッシ
ュルームのような屋根構造でその中がバザールになっていた。バザールに隣接し
てショッピングセンターもあった。ショッピングセンターはショップの集まり、
確認しなかったが3階までショップがテナントとして入居している。トルコ製と
思われる靴とワイシャツの価格を確認したがイスタンブルの1.5-2.0倍近い値段設
定に驚いた。

バザールはバザール、そしてその周辺には生鮮食料品から衣料品まで何でも売っ
ていた。ここは中国製品、トルコ製品、ロシア製品など奇麗に陳列されていたの
が印象的だ。

▼その他

http://www.lonelyplanet.com/turkmenistan/ashgabat/shopping

■トルクメニスタンのインターネット事情
2007年2月、新大統領が就任したとき、インターネットカフェ第一号ががアシガ
バートにオープンしたという記事を読んだことがある。それから2年経過している
が、インターネットは非常に遅いプログレスのようだ。

しかし、ドナーの支援もあって最近省庁がwebを公開し始めている。

http://ca.iio.org.uk/tm/tm-link.html

Nissa Hotelのレセプションに確認したところ、ビジネスセンターで利用が可能と
のこと。1時間8ドル?とか言った記憶。

利用できるという言葉をそのまま受け取ることは出来ないのが現実、遅くて繋が
らないというのがもっぱらの噂、これも次回検証の予定。

接続はダイヤルアップであると思われる。

■トルクメニスタンのガイドブック
Lonely Planet Central Asia(2007)とBradt Guide Turkmenistan (2005)を持参し
た。Lonely Planetのサイトにホテルやレストラン、ショッピングなどの紹介があ
る。

トルクメニスタンとアシガバートの地図をホテルの売店で購入したが、アシガ
バートの地図は情報が少ない。ただし、町の構造を確認するうえでは役に立つ。

トルクメニスタン
http://www.lonelyplanet.com/turkmenistan

アシガバート
http://www.lonelyplanet.com/turkmenistan/ashgabat

■トルクメニスタンの旅行会社と旅行記
在トルクメニスタン米国大使館のリンクに掲載されている旅行会社と旅行記であ
る。
http://turkmenistan.usembassy.gov/

▼旅行会社
Siyakhat
http://siyakhat.narod.ru/

Ayan Travel
http://www.ayan-travel.com/

Stantours
http://www.stantours.com/tm_mn_vis.html

▼旅行記
http://4travel.jp/overseas/area/europe/turkmenistan/travelogue/

http://4travel.jp/traveler/sunnyy/album/10185745/

http://4travel.jp/traveler/alexander/album/10316188/


■アシガバート国際空港からの出国
出国もCIPを利用しようとゲートへ行ったら、今日は大統領が出国するので利用不
可とのこと。よって一般出国ゲートへからの手続きとなった。

チェックインはマニュアル、搭乗券、荷物タグは手書きだった。よって、スター
アライアンス(トルコ航空)のマイレージなどもっての他だ。

兎に角、並ぶことが先決、そして、前へ進む。トルコ航空のイスタンブル便がト
ルクメニスタン航空のイスタンブル便とモスクワ便と重なるのでこの時間(早朝7
-8時)は混雑する。

チェックイン前に並び、荷物チェック、チェックインは手書き、そして、税関、
出国審査と続く。最初の荷物チェックを通過してしまえば人は増えないので並べ
ば手続きは進む。

ゲートには1時間半程度前に着いたがフライトが遅れたのでそこからその倍の時間
を待ったことになる。ゲートにカフェがあるので紅茶やスナックなどは手に入る。
ほかは何もない。そういえば免税店があったかどうか記憶にない。

空港アナウンスが英語でも行なわれているが注意深く耳を傾ける必要がある。待
ち時間、喫煙者はトイレの前が喫煙所になっているのでそこでタバコを吸える。

ボーディング・ブリッジがないので、搭乗はバスで駐機場まで移動する。タラッ
プを上り、トルコ航空機737-800の中へ移動した。席は窓側、進行方向左側をだ。
このリクエストはなんら問題なく受け付けられた。

その意図は、アシガバート、カスピ海、イスタンブルを上空から眺めるためだ。
離陸直後、イラン国境の雪を頂く山脈を背景にアシガバートの町を上空から確認
した。しかし、朝、4時半起床だったのと待ち時間が長かったので、その後、直ぐ
に寝入ってしまったようだ。

◆為替レート
USD1=2.85 New Manat
http://www.tfeb.gov.tm/eng/index.html

■■編集後記
ちぐはぐ、近代的な側面と非近代的な側面が同居している。空港の手続きはまっ
たくその通りだ。

大統領の出国のため(そう言われた)、出発が2時間近く遅れた。大統領がCIPな
ど使わないで専用ゲートがあってもよさそうなものだが、不思議だ。

引き続き、私の視点でトピックを提供できればと思っています。
ご意見・ご感想はお気軽にご連絡下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角から」第19号 2009年3月31日
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi IIO All Right Reserved.
公式サイト:http://www.iio.org.uk (暫定サイト、メルマガ用は準備中)
問い合わせ:iio.tokyo@gmail.com
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
バックナンバー: http://archive.mag2.com/0000283202/index.html
登録・変更・解除:http://www.mag2.com/m/0000283202.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment