Sunday, 26 December 2010

【世界の街角からMM】第88号菅政権、大使へ責任転嫁か? 2010年12月26日

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」        第88号 2010年12月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼目次
■菅政権、大使へ責任転嫁か?
■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■菅政権、河野大使へ責任転嫁か?

この状況を俯瞰してみると、ソ連時代の共産主義体制下の政治を思い起こさせる。

ことの発端はメドベージェフ大統領の国後訪問情報が首相官邸に上がらなかった
ことが問題視され、他方、在露大使館側は直前には国後訪問を行うとの情報を本
省に伝えたと主張して食い違っていることだ。

この食い違いが河野大使更迭へと繋がったようだが、メドベージェフを喜ばせて
もなんの利益もない。彼は北方4島での日本との経済協力を謳っているが単なる
既成事実化の推進にしか過ぎず、日本が巧く利用されてしまうのではないかと危
惧される。

このようなことで大使を更迭し、ニュースを世界中へ配信させる日本政府に意図
があるだろうか?単に内輪もめの尻尾切りとしか見えない。この件を何かのきっ
かけにしている可能性は否めないが。

どこぞの国はこういう事例を蓄積・研究し、事に及ぶときに必ず切り込んでくる
だろうな、想像は容易にして難くない。

日本的価値観が通用しないのが世界の常識、本件、足元が揺らいでいることを全
世界に曝け出しているだけ、外交には戦略性とそれをバックアップする国力が必
要ではないだろうか。

朝日新聞
http://www.asahi.com/international/update/1225/TKY201012250140.html

RIA NOVOSTI
http://en.rian.ru/russia/20101225/161926238.html

■■後記
本質的に尖閣問題とよく似ている、これが日本人的な政治手法なのだろうか、い
や、違うはずだ。早く目を覚ましてくれ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」第88号 2010年12月26日
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi IIO All Right Reserved.
E-mail:iio.tokyo@gmail.com
公式サイト:http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment