Wednesday, 8 June 2011

【世界の街角からMM】第104号 ベルリン・レポート(4) 2011年6月7日

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」        第104号 2011年6月7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新政ドイツの首都ベルリン、既に統一して20年も経過してしまったが2010年初秋
にベルリンを再訪する機会に恵まれた。ベルリン・レポート04です。
▼目次
■在ドイツ日本国大使館とパスポートの増補
■かつて泊まったBerlin International YH
■旧東ベルリン側にある気軽な日本料理屋「スマートデリ」
■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■在ドイツ日本国大使館とパスポートの増補
1985年8月9日、金曜日の早朝、後述する宿泊していたYHから徒歩でティアガルテ
ンへ向かって歩き始めた直後、日の丸を掲げ朽ちかけた古典様式の大きな建物が
夏草に覆われた荒地の中に忽然と聳え立っているのに遭遇した。この建物が旧在
ドイツ帝国大日本帝国大使館であり、戦後、廃墟のまま放置されていた。

ベルリンを訪れた目的はパスポートを増補することであった。ベルリンでなくと
もウィーンでもモスクワでも良かったのだが、どこでも出来ることなのでこの機
会に20数年ぶりのベルリン散策も兼ねようと考えたのだ。

ベルリンにしたもう一つの理由は、前述の旧在ドイツ帝国大日本帝国大使館の建
物が現在の在ドイツ日本国大使館であることがベルリン日独センター等の記事や
ウェブの写真からわかっており、その後を見届けたいという気持ちがあったから
だ。

ベルリン日独センターは1985年に設立され、その際、戦後廃墟のまま残っていた
旧大日本帝国大使館建物を修復再利用して活動の拠点としたので、その直前に遭
遇したことになる。

在ドイツ日本国大使館
http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/

http://wikimapia.org/1240460/ja/在ドイツ日本国大使館

ベルリン日独センター
http://www.jdzb.de/

ホテルでバスのルート図を見ていたら宿泊していたグランドホテル近く(ウン
ター・デン・リンデン)のバス停から乗り換えなしで行くことがわかったので早
速試しにそのバスに乗った。ベルリン市外ツアーの気分で2階建ての2階に席を取
り市内のクルージングを楽しんだ。ポツダム広場を過ぎてからバス停に注意を払
った。ベルリンフィルを通過ししばらくティアガルテン沿いを走り、日本大使館
に近いバス停で降ろしてもらった。

バス停の直ぐ横がイタリア大使館、こちらもかなり大きい。その先に日本大使館
が見えてきた。当時、ここは一等地だったようでベルリン都市開発計画に沿って
枢軸国にその敷地が割り当てられた。各国の日本大使館を訪れる機会は多いがこ
れほど広大な敷地と建物を持つ在外公館は例を見ない。

先ずは領事業務用の出入り口から入管、かなり厳しいチェック、カメラは預けら
れた。増補申請書類に記入して窓口に提出し、2時間後に受け取りとなった。私
の他に一人だけだったので非常にスムーズな手続きであった。増補の手続きにつ
いては以下の通り、増補すること、それを在外公館ですることは先ずないであろ
うと思う。

その後、一通り当時の記憶を頼りに周囲を散策、塀が出来て近くまでは寄れない
のが残念だ、夏草が風に靡いていたあの夏を思い出さずにはいられない。

▼増補について(大使館ホームページより)
査証欄の増補をする場合

査証欄の余白がなくなった場合には、査証欄増補申請により、査証欄を増補しま
す。
*必要な書類
現在お持ちの有効なパスポート
一般旅券査証欄増補申請書 1通(大使館に用意してあります。)
*手数料
19ユーロ(平成23年4月1日より21ユーロ)

■かつて泊まったBerlin International YH
前述の在ドイツ帝国大日本帝国大使館を偶然見つけたのはこのYHからティアガル
テン方面へ歩いていたときのことだ。今回は、逆に大使館に増補申請をした後、
待ち時間を利用してこのYHがどんな状況になっているのか見に行った。

地図を見ながら川沿いに歩いた、当時は空き地が多く、ややすさんだ印象だった
が今は概ね住宅地として埋まっている。

Kluckstrasseの橋を右に曲がった正面に見覚えのある4階建て一部5階建ての建
物が視野に入ってきた。当時は塀があった記憶だが今はなく、道路から敷地まで
開放感がある。当時のままだったことはちょっとした嬉しさだった。正面は空き
地だったが今はこちらも住宅となっていた。

当時、動物園駅からバスで近くまできたことを記憶している。そして、塀の立ち
並ぶ道路を歩きながらこのYHにたどり着き、宿を確保できたことでほっとしてい
た夕刻が懐かしい。

Berlin International YH
http://www.hostelbookers.com/hostels/germany/berlin/4340/

■旧東ベルリン側にある気軽な日本料理屋「スマートデリ」
ベルリンの日本料理はどんなものかとネット検索したらこの店がヒットした。便
利になったものだ、ネット社会は。

他にもいわゆる日本料理屋はあったがカジュアルな雰囲気がサイトから漂ってき
たので地図を見ながらこの店に行ってみる事にした。駅からやや遠いので地図を
見ながら歩いたつもりだが、ロット番号を見誤り反対方向へ歩いていることに途
中で気がつき、修正したのでたどり着くまでかなり時間を要してしまった。

店はこじんまりとした日本食と日本食料品の店だった。テーブル数も少なく、さ
れど、レストランというよりは食堂といった感じでメニューもそんな内容だった。
焼き魚(シャケ)、味噌汁、緑茶をもらう。やや足りなく、稲荷を少し追加した。

店は日本人の若者が数人働いていた、既に10年選手だという。敷居が高くない
ので近所に住んでいる人が客のようだ。私が入ったときには日本人はいなかった
が後から日本人とドイツ人の二人組みが入ってきた。

この日は土曜日だったので週末セール、15ユーロ寿司食べ放題というメニュー
があった。寿司といっても巻物が多いのでそれほど食べられないが、若者には人
気があるようだ。

食料品が豊富だったので、あれこれ買って帰ろうとベルリン滞在中に再訪する予
定でいたが、結果として時間がなくなってしまった。このとき買った熊本云々と
いう棒ラーメン3個のみがここの収穫となってしまった。このラーメン、エレバ
ンで食べたがかなりイケテイル、旨かったね。

smartdeli
gru"nberger str. 90
berlin friedrichshain
電話 030 2068 7037 月-土 12時から20時
http://www.smartdeli.org/jp

■■後記
スマートデリで会った日本人と少し話したらこれからクラブへ行くという、では
連れて行ってくれとお願いし、後から合流することにした。次回、ベルリンのク
ラブについてもレポートします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」第104号 2011年6月7日
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
E-mail:iio.tokyo@gmail.com
公式サイト:http://worldcity-mm.blogspot.com/
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
Twitter: http://twitter.com/moskvichka55
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment