Wednesday, 22 February 2012

【世界の街角からMM】第134号パリのこと等(2) 2012年2月22日


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」       第134 2012222
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

かばん屋ランセルでPCキャリーバック、ギャラリ・ラファイエットのグルメ館で
コンテ、パリ・ユニクロでダウンジャケットを調達、パリのこと等。

▼目次
■ユニクロ・パリ店で冬物調達
LANCELとのお付き合い
■ギャラリ・ラファイエットのグルメ館でコンテを調達
■レオンでムール貝を食す
■初、栗のスープ
■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ユニクロ・パリ店で冬物調達
ウインドブレーカーしか所持しておらず、暖かいと感じたパリであったが、その
下に重ね着できるセーターか、冬物コートを調達せねばと考えていた。安易に思
い浮かんだのが、パリにもショップを出しているユニクロ、ウェブを調べてみた
ら場所は、オペラ座の後ろ、ギャラリ・ラファイエットの目の前だった。ホテル
から直ぐではないか。

入口を入ると目の間に前にセール品がたくさん並べられていた、その中にダウン
ジャケットもあった。試着してみたらLサイズが丁度良い、値段も99ユーロとパ
リでは手頃(定価129.9ユーロから20%以上安い値札が付いていた)だった。時間
がないのでそれほど拘ることもせず、このダウンジャケットが一枚あればと購入
することにした。

店内はかなりの客数、並列処理するレジでも長蛇が出来ていた、が、その進み具
合が比較的早く、一旦は購入を止めようかと思ったが並んだ。

購入したダウンジャケット、日本では同じ製品が7990円で売られてると帰国して
から言われた。少しダウンの量が少ないが一時しのぎのために購入したのでその
目的は十分果たしていた。

それでもユニクロの価格帯はヨーロッパでは売れる価格帯だろう、コストパフ
ォーマンスが高く、デザイン性のある衣類はこの価格帯では難しいからだ。

■かばん屋LANCELとのお付き合い

LANCEL本店で鞄類を買い始めたのは東ヨーロッパや中東諸国へ出張する際にパリ
を経由するようになってからであろう。私の場合は業務出張用が主であるが。

オペラハウスの隣に建つLe Grand Hotelに泊った時、オペラハウスの前に店を出
しているLANCELの前を通りかかり、ショーウインドウを見ていたら良さそうなの
で店に入って実物をみてみた。

旅行用カバンは地階、ここで各種デザインを見せてもらい、ビジネス用としてキ
ャリーオンとPC用キャリーバックのセットやで購入したり、それ以前にカジュア
ルな布製のバック、非常にシンプルで機能的なので何種類か購入している。色は
赤、青、緑、ビジネス用は黒を選択した。

お付き合いの最初の頃は通貨がフランス・フランであったことは言うまでもない。
昨年、10年以上使ったキャリーオンのファスナーの縫い目がほころんだことと、
これまでに2度車輪を修理しているが再度剥離したことから、パリを経由する機
会を捉えて更新した。

本来なら革製品がLALNCELの売りなのだろうが、財布を除いて旅行用の布製がほ
とんどなので、製品をよく見極めて皮製を時間は調達しようと考えている。

残るはPCバックだが、これも明日には更新できそうだ。269Euroと以前のモデル
を買った10年前の倍近い値段となっている。その分、インフレが進み、日本がデ
フレ傾向になっているからなのだろうか、経済って不思議だ。

そういえば、エレバンの大家の娘がシャンゼリーゼ通りのLANCELで以前働いてい
たと言っていたな。繋がりと言えば繋がりだが関係ない話だ。

LANCEL

■ギャラリ・ラファイエットのグルメ館でコンテを調達
コンテ、これはチーズの種類、スイス国境に近い地方のチーズでハードタイプな
ので日本にもそのまま持ち帰れる。

日本語
=home_jp_accueil&lang=jp&fontLang=sys


別に、ラファイエット・グルメで買わなくてもよいが、手っとり早いということ
でこの店のチーズ売り場で試食をしながらCOMTEのチーズを購入、お値段は1キ
ロ39ユーロ、500g注文した。

comte

売り場に並んでいるチーズをいろいろと試食したけど、ここだけに限らず、コン
テが筆者は好む。

■サンジェルマン・デ・プレでムール貝を食す
パリに何店もあるLeonでムール貝を友人と一緒に食べた。この料理、フランス料
理ではなくベルギーのブルージュ辺りの名物だ。初めてヨーロッパ旅行をしブ
ルージュに滞在した時、宿代よりも高いガイドブックに載っていたブルージュ名
物料理を食べた、これがムール貝だった。

パリのこの店、日曜日の夕飯時と言うこともあり、満席状態でした。でも、筆者
はブルージュで食べたムール貝の味が忘れられない。

googlemap:48.85299,2.33616

leon de bruxelles

サンジェルマン・デ・プレのレオン
131 Boulevard Saint-Germain
75006 Paris

■栗を使ったスープ
変わり種だったので、試してみた。無理やり作ったようなスープ、ご存知ですか、
栗のスープって?

Les Editeurs
4 Carrefour de l'Ode'on
75006 Paris
01 46 34 58 30

■■後記
コンテ、日本ではなかなかお目にかかれないチーズ、お目に書かれたとしてもGr
and Reserve はこれまで見たことがない。これ、絶品、また買って帰ろう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」第134 2012222
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment