Monday, 31 December 2012

【世界街角通信】第155号 インドとパキスタン(4) 2012年12月31日


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第155 20121231
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南アジアと縁ができ、今回はインドとパキスタン(4)です。

2012年、ぎりぎりになりましたが、2012年は日印国交樹立60周年です。

▼目次
■ムンバイの一夜
■エアーインディアとインディアンエアーとスターアライアンス保留
■ムンバイ(ボンベイ)とマハラシュトラ州

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★フォトギャラリーのご紹介

このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

■ムンバイの一夜

「一夜」に相応しい内容ではなく単に夜寝ただけのムンバイとなった。

今回は慌ただしくデリーは一泊のみで翌日の夜の便でデリーからムンバイへ移動
した。

個人的には初めての都市へのフライトは昼間を選択する。上空からその都市が見
られるし、空港からの移動も都市の様子が垣間見られるからだ。しかし、今回の
スケジュールはクライアント任せにしたので往復とも夜間の移動となっている。

International Airport of Mumbai
非公式 Mumbai Airport

デリーからムンバイへ移動したのは、AI805 20:00-22:10
プネからデリーへは、AI850 18:40-20:40

フライトスケジュールのとおり暗闇の中、飛び立ち、暗闇の中、ムンバイへ着い
た、ここは常夏のようだ、上着は要らない。デリー空港の国内線ターミナルも国
際線同様T3にあり、真新しいターミナルビルとショップ、そしてフードコート等
早めに来たが時間を潰すことは容易であった。

今回のスケジュールはホテルにチェックインし寝るだけ、朝起きて朝食を食べ車
で出かける、ムンバイではない、その郊外でもうムンバイには戻らない。復路は
プネからデリーに戻る予定となている。よってムンバイの様子は全くわからない、
インド門を観ないとムンバイへ来たとは言えないだろうに、Colaba地区はウェブ
上での画像体験のみとなった。

記憶しているのは、空港からは近かったこと、ホテルの裏に導水管なのかかなり
太い管が通過していた、そしてその周囲にいわゆるインフォーマル住宅と言われ
る掘立小屋が立ち並んでいることだった。

出発が8時半とのことだったが、結局9時過ぎになった。少しは街を観られたかも
しれないが何分アレンジに不明確な点が多かったので無理はしなかった。

いわゆるムンバイの中心である岬、Colaba地区は再訪のインセンティブとなっ
た!ちと寂しくないかい、初めてのムンバイなのに。

Vits Mumbai Hotel
Andheri Kurla Road, International Airport Zone,

Municipal Corporation of Greater Mumbai

インド最大の都市であり、市域人口は1,248万人、近郊を含む都市圏人口は2,129
万人<2011 span="span">年)であり、世界第6位である。ムンバイの域内GDP2090億ドル<2008 span="span">
年)で、世界第29位である。

1999年から2004年までの滞在記、もう古いかな、でも実際に住んだ人の情報です
から貴重ですね。

ナマステムンバイ 駐在員日記

■エアーインディアとインディアンエアーとスターアライアンス保留

かつてはエアーインディアが国際線、インディアンエアーが国内線と近距離国際
線を担っていたが2007年に合併、エアーインディアの名が存続航空会社名として
使われている。

また、200712月には、スターアライアンスへの加盟が承認され、加盟準備が進
められていたが、2011731日、エアインディアが契約合意した加盟条件を満
たさなかったため、加盟が保留となった。

エアインディアがスターアライアンスに加盟

エアインディアのスターアライアンスへの加盟の保留について


インドの航空会社に搭乗したのは、1992年だったかカルカッタからデリーへ移動
したときのインディアンエアーが最初で最後となっていた。

今回、デリーからムンバイ、プネからデリーの国内線を利用したが、安定した
サービスなのでスターアライアンスへ加盟できるのだろう、

これまでスターアライアンス加盟へ招待されたにも関わらず最終的に加盟を保留
された航空会社はエアインディア以外にありませんが、「必要な条件を満たせな
かったのが理由」としか説明がありません。

保留なので条件を満たせば、エアーインディアもスターアライアンス加盟航空会
社となる日が近い将来やって来ることでしょう、と楽観的にみています。

エアーインディア

Air India

■ムンバイ(ボンベイ)とマハラシュトラ州

向学のために一夜を過ごしたムンバイとマハラシュトラ州について、若干、説明
をしておこうと思う。

筆者にはムンバイと言うよりボンベイの方が都市の名前的には馴染みがある。と
いうのはインドは1995年に英語での公式名称をボンベイ (Bombay) から、現地語
(マラーティー語)での名称にもとづくムンバイへと変更したからだ。他にもカ
ルカッタがコルカタへ、マドラスがチェンナイ等へ変更されている。

▼ムンバイ(ボンベイ)

持参金として英国へ譲られたのがボンベイとのこと。

1661年、ポルトガルのカタリナ王女が英国のチャールズ2世と結婚する際、ボン
ベイはポルトガル側の持参金としてイギリス側に委譲された。

元々ボンベイは、1534年にポルトガルがグジャラートの土侯からこの土地を譲り
受けたことに始まり、ポルトガル人は、ゴアの補助港としてのこの地に城塞都市
を築いた。

19世紀初頭、英国で産業革命が拡大し植民地へも波及、1850年代に鉄道と綿紡績
工場の建設が行われ、この地の産業を大きく発展させた。特に1861年から1865
の米国南北戦争では、米国から英国への綿花輸出が停止したことから、ボンベイ
の綿織物業は飛躍的に拡大することとなった。さらに186911月のスエズ運河開
通は、ボンベイ港の重要性を一層高めることになる。

このような経緯を経て、20世紀を通して経済と金融の集積が継続し、インド最大
の経済都市に成長し、インドの金融センターとしての位置づけにある。インド映
画の中心でもあり芸術文化都市でもある。そういう意味ではデリーは政治都市と
なる。

このようなムンバイに日本政府は領事館を置いている。

在ムンバイ日本国領事館

在インド国日本大使館

▼マハラシュトラ州

インドは28州あり、その中でも最も経済的に発展している州のひとつである。人
口は約9,700万人、マハラシュートラ州は州の公用語であるマラーティー語で
「偉大な国」という意味だそうだ。州都はムンバイ(Mumbai、ボンベイ)。

今回、ムンバイ以外にITと自動車産業、教育都市であるプネ、歴史都市であり砂
糖産業都市であるコルハプールを知ることになった。流石にインドは奥が深い。

Maharashtora Tourism

Government of Maharashtra

■■■お薦め本■■■

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 孫崎 享

★★★お薦めメルマガ★★★

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

ロシア政治経済ジャーナル

国際インテリジェンス機密ファイル

WEB熱線》アジアの街角から

■■後記

大晦日です、今日は昨日よりマシな天気ですが寒いですね。

2012年が終わろうとしています。

来年もご愛顧のほどどうぞよろしくお願いいたします。

また、健康な一年でありますようにお祈り申しあげます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第155 20121231
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Saturday, 29 December 2012

【世界街角通信】第154号 インドとパキスタン(3) 2012年12月29日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第154 20121229
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南アジアと縁ができ、今回はインドとパキスタン(3)です。

▼目次
20年ぶりのデリーと呆れた対応
■日航が消えたデリーのホテル
■変わっていたデリーの様子
■変わっていなかったデリーの様子

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
20年ぶりのデリーと呆れた対応

デリーには羽田空港から夜行便で出発、バンコクでの乗り継ぎも2時間以内と午
前中にはデリーに到着するフライトにした。

その理由は、16時にクライアントが呼びつけたからだ。移動日当日に打合せを入
れることはフライトスケジュールが日中の場合は到着後というのがあるが、夜行
便のため前日の21時前に出発しなければならないのでかなり急いでいる場合を除
いて通常は無い。

ところが今回はご指名があった。夜行便で移動してくれと。

そんなわけで、羽田空港、午前020分発のTG661便で出発し、バンコクに520
分に到着、乗り継ぎ便のTG323便、午前735分に搭乗しデリーには午前1030
到着した。

出発当日は大鳥神社の酉の市(二の酉)で目黒通りと山手通りが混雑し、環状7
号線から羽田空港へ向かった。

そんなこんなでデリーには午前中に到着、インディラ・ガンジー空港のターミナ
ル3は2010714日開業なので真新しい。そして巨大だ。

ホテルは、メトロポリタンホテル、コンノートプレイスに近い、以前、宿泊した
オベロイはもっと南の方だ。

ドライバーに16時に打合せがあることを説明し、何時に迎えに来るかと質問する
340分にホテルには来ているという返答だった。確かに10-15分の距離のよう
だ。

その時間にクライアントの事務所へ行ったところ、休暇明けのローカルスタッフ
が対応し、説明を聞いたが事前情報以上のことはなかった。担当の職員は居ない
のかとの聞くと、休暇中だと言う。最近は、人を呼びつけておいて自分は休暇と
言うような好い加減なケースも時々見受けられるが、またまた呆れてしまった、
何のためにわざわざ夜行便で早めに来たのか?(こういう場合はローカルスタッ
フが基本的に担当している、となる。ならば最初から説明してほしいですね。)

時間を有効に使う、どうもそういうことらしいが、意味不明が多いな?

通常ならば午前中の成田発便TG641便だと1045分に成田を発ち、バンコクに15
45分に着く、そして、乗り継ぎ便がTG31520:40発、デリーに23:40に到着す
るスケジュールとなる。

早く着いた割にはマイナス成果となった、昨今の成果至上主義は自らには課され
ていないのか?と思える。これではいけませんね、某国家予算を使っているので
すから。

デリー、20年ぶりだがこんな状況とは、とほほの仕事はじめでした。

■日航が消えたデリーのホテル

前回はオベロイ、今回はメトロポリタンホテル、20年の間があるので仕方がない。
リーズナブルなホテルも増えたのだろう。

それよりも前述の対応を示唆するようなホテルのアレンジ、予約確認もギリギリ
になってから回答が来た、これも珍しい、1ヶ月も前から予定が決まって、この
日に来てほしいと先方から申し入れてきた、それなのにだ。

メトロポリタンホテル、以前は「日航」が頭に付いていたようだ、会社再生法申
請後に整理されたのだろう。2階にサクラという和食料理屋があり、私的には便
利であった。

しかし、このサクラがあるおかげで外へ行かない、これは良くないと思ったが今
回は地方に3泊するし、一人だし、まあ甘んじておこうとなったわけである。

The Metropolitan Hotel

■変わっていたデリーの様子、

デリーは、多分インド全国的だろう、変わっていた。何が最も変わっていたかと
言えば、市内を走り回る車だ。

私の記憶ではMade in Indiaのアンバサダーばかりだったが、今はトヨタ、ホン
ダ、ススキ等の日本車が圧倒的に多く、韓国車が次いで多い。アンバサダーは政
府系しか使用していないので直ぐにわかる。ナンバーからも政府所有とわかるが
民間人は乗らないようだ。

20年前もデリーではスズキが増加途上にあり、予約待ちだと聞いていた、それで
も、圧倒的にアンバサダーが多かったが、タクシーはまだアンバサダーもあるね。

その他、気が付いたのはマクドナルドやKFC等のアメリカンファーストフォード
が増えたこと。ビックマックもあるが、インド特別メニューのチーズフライ

マクドナルド、インドでベジタリアン向け店舗をオープン 2013年半ば

「肉なし」マック、インドで大攻勢 120店舗新規展開へ

その他、インターナショナルブランドのショップも多かった、コンノートプレイ
スは真新しいショップのばかりになっていた。そういえば英国のMarks and Spen
cerもショップをオープンしていた。

■変わっていなかったデリーの様子

変わらないのは人の数としつこい売り込みだろうな、数日しか滞在していないの
ですが、コンノートプレイス付近を一人で歩いているとやたらと声をかけてくる
輩がいる。まともに対応してても、不真面目に対応しても、無視しても結果が同
じという、不思議なインド人。

なぜか「マーケットはこちらだよ」と誘導するし、案内するというのが常套手段、
それに乗っても乗らなくてもしつこさは変わらない、どこかの店へ入るのが一番
だろう。高級店なら効果的だ、ファーストフードでも回避はできる。

■■■お薦め本■■■

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 孫崎 享

★★★お薦めメルマガ★★★

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

ロシア政治経済ジャーナル

国際インテリジェンス機密ファイル

WEB熱線》アジアの街角から

■■後記

年が更けつつあります、皆さま如何お過ごしでしょうか?

年末帰省ラッシュや海外旅行ラッシュなどの流行には常に乗り遅れており、いつ
も小言を言われています。

ミュンヘンで年末年始を過ごすNY在住の知人から最高!との様子が伝わってきま
した。これは絶対にここでは口外できません。

今日の午後には実家の母からは野菜と餅が届きました。私が実家へ帰ってと思っ
ていたところ、調整つかず、営業中となりました。

世の中は10連休なのでしょうか、メールを入れても帰ってくるのは、「17日か
ら出勤します」という不在メールばかりです。

カレンダーをよく見ていませんでしたが14日木曜日を休めば10連休なのですね。
縁がないので見もしない、いけませんね。

既に年末も押し迫っておりますが、小生は年末年始も営業せざるを得ない状況で
す。

1週間でも3週間でもレポート、レポートと要求してくるで困りますが、クライア
ントなので無下にも出来ず、次の絡みと思って工程以上の質のレポート完成を目
指しているところです。これ以上発言すると問題になるのでこのへんで。

事業仕分けの舞台となった行政刷新会議、「行政刷新会議のウェブサイトを刷新
しました。」とさ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第154 20121229
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Sunday, 23 December 2012

【世界街角通信】第153号 インドとパキスタン(2) 2012年12月23日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第153 20121223
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南アジアと縁ができ、今回はインドとパキスタン(2)についてです。

▼目次
■ クレジットカードでの海外キャッシング

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クレジットカード会社から現地で使った明細が届いていたので、気になったこと
を先ず紹介します。

■ クレジットカードでの海外キャッシング

タイでクレジットカード(VISA)を利用してATM(バンコク商業銀行)から現金を
引き出した時の手数料等

引き出し現金 5000バーツ(13050円相当)
手数料 150バーツ(1502.61=391.5円)
クレジットカードの為替レート 1バーツ=2.610

支払い金額 13441
クレジットカードの引き落としまでに期間に生ずる利息 315円(43日間)
小計 13705
更に
ATM手数料 210
合計  13835

つまり、手数料の総額が利息を含めて、
1.バンコク商業銀行引き出し手数料 150バーツ(1502.61=391.5円)
2.クレジットカードの引き落としまでに期間に生ずる利息 315円(43日間)
3.ATM手数料210
合計391.5

引き出し総額13050円に対して、3%の手数料となっている。

その他、現金引き出しとクレジットカード支払いの為替レートの差がある。
タイの例がないのでインドの例だと
現金引き出し時の為替レート 1.493
クレジットカード支払いの為替レート 1.517

その他の例
現金引き出し時の為替レート 2.610VISAの場合)
クレジットカード支払いの為替レート 2.7959Dinersの場合)
現金引き出しはやや不利なレートとなっている、しかしその利便性のための手数
料と考えれば3%は適当かも知れないし、払ってもよかろう。

■■■お薦め本■■■

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 孫崎 享

★★★お薦めメルマガ★★★

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

ロシア政治経済ジャーナル

国際インテリジェンス機密ファイル

WEB熱線》アジアの街角から

■■後記

寒い一日でした。午前中は小雨、午後は晴れ間が見えましたが路面が濡れ肌寒か
ったなあ、暮れの感じです。、

昨日21日は、冬至でしたね、東急ストアに閉店ぎりぎりに入ったら正面に柚子が
ありました、買おうかという判断をする前に店が閉められそうだったのでオレン
ジを買って出てしまいました。

今日、柚子湯の話をしたら、出掛けていたからねーと、一言、いつもは出かけて
いても柚子くらい買ってあるのにな、なので昨晩は柚子なし湯の冬至でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第153 20121223
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Wednesday, 19 December 2012

【世界街角通信】第152号 インドとパキスタン(1) 2012年12月19日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第152 20121219
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
南アジアと縁ができ、今回はインドとパキスタン(1)についてです。

▼目次
■羽田空港(東京国際空港)から国際線で出張
■初めての羽田空港国際線新ターミナル、初めてのスワンナプーム国際空港
15年ぶりのインド、20年ぶりのデリー

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■羽田空港(東京国際空港)から国際線で出張

20101021日に4本目となるD滑走路の供用が開始され発着枠が増加しすること
により、国際線定期便の就航が可能になった。

このニュースは把握していたものの、羽田発で出かけられる出張先がこれまでな
かったが、今年に入ってから南アジアへバンコク経由で出張することになり、タ
イ航空他が就航していることから羽田発で出かけみようと考えていた。

しかし、悩ましいことに早朝か深夜の便ばかり、なかなか踏ん切りがつかなかっ
たが、デリーで当日打合せしたいとクライアントから要請があり背中を押された
ような感じ羽田発に搭乗することになった。午前020分発のTG661便でバンコク
520分に到着し、午前735分発TG323便でデリーに午前1030分、午後4時に
打合せとなったのでした。

ホテルにチェックインして少し寝るかと考えたが、なかなかそうはいかず、結果
として深夜に移動するのでフルに1日を使えるがかなり疲れる。理想は夕方着、
翌日から稼働が身体は楽だ。

通称、羽田空港、正式には「東京国際空港」ということは成田空港が開港しから
は記憶の彼方に追いやられていた。国際線が成田へ移転してからの羽田は台湾線
に中華航空などが就航して国際空港のメンツはとりあえず保っていた。90年代初
めにバンコク-シンガポール-マニア-台北と移動し、羽田へ中華航空で帰国した
ことがあるが、このルートは意図的に台北に立ち寄ったからで、通常は台湾は私
の仕事先とはならない。

国際線が成田へ移転してから、お隣、韓国は日本航空事情を良く研究しインチョ
ンにハブ空港を建設し東アジアのハブ空港の座を獲得した。羽田空港は国際旅客
数は725万人(2011年度)と拡張する前との比較で2.6倍、成田空港と合算すると
年間3300万人の利用客数となるがインチョン+キンポー空港より1割程度少ない。

早朝深夜の公共交通が限られている面もあるのだろう、更にフライトが遅延する
と羽田に到着する時間が23時から午前0時過ぎになると終電・バスがなく、タク
シーのみということになる。早朝発便も空港までのアクセスが気になる。

乗り継ぎの関係でトランジットとなるバンコクで6-7時間過ごすか、成田便で2
間弱のトランジットするかは悩ましい。羽田空港着だとタクシーに乗ってしまえ
30分程度で家に着くので非常に楽ではある。

旅客数の伸びに伴い、国際線ターミナルの拡張が20143月を目途に進められて
いる。

国際線ターミナル 羽田空港が拡張へ 来月にも着工

羽田空港国際線旅客ターミナル

■初めての羽田空港国際線新ターミナル、初めてのスワンナプーム国際空港

インド出張は1997年が最後なので15年ぶり、デリーは多分20年ぶりだろう。バン
コクの空港もドンムアンからスワンナプーム国際空港に替わっている、20069
月に開港しているので今回が初めての利用となる。

羽田空港国際線新ターミナルでの出国が初めて、バンコクのスワンナプーム国際
空港も初めて、到着するデリーのインディラ・ガンジー国際空港ターミナル3が
2010714日開業なのでこちらも初めて、全て初めての空港ばかり往路となっ
た。

ここ数年、旧ソ連圏での仕事が多かったのでバンコク経由での出張は2005年のモ
ルディブ以来となる、そのときはドンムアン空港でのトランジットだった。それ
以前、1996年にはバンコクからウズベキスタン航空でタシケントへ赴いたことが
あるがかなり昔のことだ。

Suvarnabhumi International Airport

インディラ・ガンジー国際空港

15年ぶりのインド、20年ぶりのデリー

この季節のデリー、清々しい、上着が一枚必要な気温でした。

羽田空港、午前020分発のTG661便でバンコクに520分に到着し、午前735
TG323便でデリーに午前1030分到着、デリー空港のターミナル3は真新しく
巨大でした。床が日本の空港と同じカーペットなのでキャリーオンが重いと引っ
張り難い。

昼間に着いたのでホテルまでの道中、車窓の風景とその昔の記憶のすり合わせを
したが、大使館街や官庁街以外は記憶から消えていた。その後出かけた時のコン
ノートプレイス付近、記憶になったがこんなに混雑していたのかな?

デリーは実に20年ぶりだろう、1992年にコンノートプレイスにあったOECF事務所
まで来たし、日本大使館へも立ち寄った。その時は、当然ながら道路を走ってい
る車はアンバサダー一色だったが、今はアンバサダーがほとんど消え、スズキ、
トヨタ、TATA、それに韓国車に取って代わっていた、これだけで風景が異なる。

空港からホテルまで40-50分の距離だった。宿泊したホテルは、The Metoropolit
an Hotel、何年か前まではホテルの名に日航が付いていた日本航空系のホテルだ
ったが、会社更生法適用後であろう、シェアか契約が解除されているのだろう。

20年前のデリーではオベロイに泊った、今も昔も最高級ホテルの位置づけは変わ
らない、同時の素晴らしいサービスレベルに感嘆したものだ。きっと今も同じな
のだろう、こういうホテルには宿泊する価値があるというものだ、しかし、現実
を考えると小生ではやや難しい、せいぜい数泊ならば考えるが。

インド滞在は1997年末のカルカッタが最後なので15年ぶり、デリーは前述の通り
1992年が最後の滞在なので20年ぶりとなった。

The Metropolitan Hotel

■■■お薦め本■■■

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 孫崎 享

★★★お薦めメルマガ★★★

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座

ロシア政治経済ジャーナル

国際インテリジェンス機密ファイル

WEB熱線》アジアの街角から

■■後記
総選挙は自民党圧勝でした。言われているように民主党が自らが瓦解し、自民党
に小選挙区で票が流れた結果であろう、新党の乱立したことも自民党には効果的
であった。しかし、維新の会は54議席と非常に健闘した。

自民+公明で325議席確保、定数の3分の2、これは安定政権の礎となろう、この
シェアを利用して強い日本へ前進してほしい。

2009年に民主党政権になってから、女性議員らが仕分けと称して外交関連等予算
を切り詰める政治パフォーマンスを演じたのは記憶に新しいが、それ以外にどの
ような効果があったのか大きな疑問であった。

自民党が返り咲いたからと言ってこの予算の流れは変わるものではないであろう
が、国際社会と内政を見極めながら責任のある、意味のある政治へと変化するこ
とは望ましく、自民党安部総裁とその執行部に期待したい。

今回の選挙、投票率が59.32%と小選挙区制になって最低とのこと、世代別の投票
率がわかれば更に興味深い結果が見えてくるのだろうが、次世代を担う若者世代
こそ選挙に参加しなくてはならないと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第152 20121219
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━