Tuesday, 1 October 2013

【世界街角通信】第173号 バンコク(2) 鉄道でバンコク市内往復 2013年10月1日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第173 2013102
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さま、こんにちは、世界街角通信です。
今回はスリランカ往復にトランジットとして立ち寄ったバンコクのトピック(2)
です。

▼目次
■トランジットでバンコク市内往復
▼スワンナプーム国際空港の荷物預かり
▼鉄道でバンコク都心へ
▼エアポートレイルリンク Airport Rail Link
BTSスカイトレイン
MRTブルーライン(地下鉄)

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■トランジットでバンコク市内往復

トランジットの時間を利用して市内を往復することにした。バンコクでこのよう
なことをしようと考えられるようになったのは、定時運行を行っている軌道系
(鉄道)公共交通機関が整備されたからに他ならない。

現在、以下の3種類の軌道系公共交通が運行している。

1.エアポートレイルリンク 2010823日開業
2.BTSスカイトレイン、スクンビット線・シーロム線、1999125日開業、そ
の後順次延伸
3.バンコク・メトロ(ブルーライン)、200473日開業

BTS(バンコク・スカイトレイン)/MRT(地下鉄)/ARL(エアポートレールリン
ク)路線図

▼バンコク・スワンナプーム国際空港の荷物預かり

スーツケースの場合(どのサイズでも同じかも)、24時間100バーツです。

2階到着ロビー、
25
4階出発ロビー
25

預けるにはパスポートが必要(提示のみ)となる。

事故が起こっても責任は免除云々という書類に署名を要求される、口頭での説明
と文書の内容は異なるが、どうも署名しないと預かってくれない。単なる責任回
避であるが、無くなることはない。

▼鉄道でバンコク都心へ

空港内で配布されているMass Transitを含む以下のバンコクの地図を入手する。
筆者は、荷物預かりのカウンターで入手した。チケットは窓口でも自動販売機で
も購入可能、チケットはトークンとカードの2種類が使用されている。

バンコクの鉄道マップ

▼エアポートレイルリンク Airport Rail Link

駅は空港直結、到着フロアから下の階へ降りると駅がある。

スカイトレインとの接続駅であり終点であるパヤタイ駅まで45バーツ、マッカサ
ン駅でMRTへ乗り換えもできる。いったん外へ出る必要があるが。

28.6km8駅、所要30分、15分間隔で運行されている。

終点パヤタイ駅でスカイトレインのスクンビット線パヤタイ駅へ乗り換える。

Airport Rail Link

▼スカイトレイン BTS Skytrain

エアポートレールリンクのパヤタイ駅からスクンビット線パヤタイ駅への乗り換
えは両方とも高架構造のためデッキで接続されている。エスカレータはあるがエ
レベータはない。

パヤタイ駅から、北の終点、モーチット駅下車、28バーツ也。ここでMRTブルー
ラインのチャトチャック公園駅へ乗り換える。

料金はバーツ、切符はテレフォンカードのような磁気カード型で出ると時に改札
口へ入れると回収される。

高架上の駅から一旦、道路階まで下りてMRT(地下鉄)の入口を探す。

BTS Skytrain

▼バンコク・メトロ(ブルーライン)MRT(地下鉄)

現在、バーンスー駅 - フワランポーン駅、21km18駅が開業している。

チャトチャック公園駅から折り返し地点であるシーロム駅を目指す。

チケットは黒い樹脂メダルでトークンとなり改札へ入れる。

3路線とも車輌のデザインが同じだ、これはシーメンス製を採用していることに
よる。近年は廉価が中国製車輌を採用している。

Bangkok Metro Public Company

▼今回の移動ルート

エアポートレイルリンク線スワンナプーム国際空港駅からパヤタイ駅下車、B45
パヤタイ駅でスカイトレイン・スクンビット線パヤタイ駅へ乗り換え
モーチット駅下車、B28MRTブルーラインのチャトチャック公園駅へ乗り換え
シーロム駅下車、B40
(タイマッサージ1時間コース)
シーロム線サラディーン駅(MRTシーロムとの接続駅)乗車
サイアム駅でシーロム線からスクンビット線へ乗り換え、パヤタイ駅下車、B28
スクンビット線パヤタイ駅からエアポートレイルリンク線パヤタイ駅へ乗り換え
スワンナプーム国際空港駅下車、B45

Exploring BKK by train;
Airport Rail Link Subanabhumi Airport- Phaya Thai B45,
Skytrain Phaya Thai- Mo Chit B28,
MRT Chatuchak Park -Silom B40,
Skytrain Sala Daemg - Phaya Thai B28,
Airport Rail Link Phaya Thai- Suvanabhumi Airport B45,
Left Language B100.


為替:
1バーツ=3.12円(2013101日、OANDA

★★★フォーラムのご紹介★★★

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

★露・東欧地域研究会(グループ)

★★★フォトギャラリーのご紹介★★★

このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

■■後記

最初の都市鉄道であるスカイトレインが事業認可されたのが1992年、最初の路線
が完成したのが1999年末、事業認可から20年、最初の路線が完成してから12年と
なる。地下鉄は現在レッドラインが建設中だ、紆余曲折があったが着実に整備が
進んでいるようにみえる。

さて、今回の趣向は空港から市内を結ぶエアポートリンクが完成したころから、
トランジットでの市内往復を試そうと考えていたことによる。たまたま今回はバ
ンコク経由となりトランジットの時間も羽田便したことから時間的に市内往復が
可能であろうと思い実行したのであった。

単に往復だけでは芸がないので、タイ式マッサージ1時間コースを受けた。これ
は次号で。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第173 2013102
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment