Saturday, 5 October 2013

【世界街角通信】第174号 バンコク(3) タイマッサージ 2013年10月3日


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第174 2013103
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さま、こんにちは、世界街角通信です。
今回はスリランカ往復にトランジットとして立ち寄ったバンコクのトピック(3)
です。

▼目次
■スラウォン通りのタイ式マッサージ

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■スラウォン通りのタイ式マッサージ

トランジットの時間を利用して鉄道で市内往復を企てたことは前号に書いたが、
目的+アルファとして、マッサージを入れた。

当初は、スラウォン通りのカフェでサイフォンコーヒーを飲むことを考えたが、
11時半以降にならないと店を開けてくれないので(11時ごろに交渉したがダメで
した。)、その裏にあるマッサージ、こちらは10時開店、1時間コースを受ける
ことにした。

店は下記のとおり、スラウォン通り、カフェ・サリカの裏、1時間280バーツ。2
時間330バーツである。

午前10時から、カフェは午前11時半から。

マッサージについてはバンコクナビが詳しい。

サリカマッサージ

丁度10時に入店、客は誰もいない。2時をオファーされたがトランジット故、1
間コースとした。その差額は50バーツなので時間があればしっかり2時間が基本
だろう。

マッサージをする人は若い女性、ついて来いと言うので一緒にエレベータに乗り、
上の階へ。

とにかく身体が固いのでほぐしてほしいと説明。もちろんタイ語は出来ない、身
振り手振りで説明するとわかってくれる。日本人客も多いのだろう、片言の日本
語はわかるがそれ以上は無い物ねだりとなる。

マッサージをする場所は大部屋、マットレスが並んでいる。その端に案内された。
個々にはカーテンで仕切るようだ。iPhoneの充電をお願いする。そして、マッ
サージ用の服に着替える。

マッサージは、訓練をしっかりと受けていると思われる手つきだ。やはりタイは
良い、近隣諸国ではなかなかお目にかかれない。

身体の表から裏へ、そして首、肩、等等、を順番にほぐしてもらう。これが運動
不足の身に応えるが心地よい。

スクンビットのマッサージは、風呂にも入れてくれたけど、もっと高級バージョ
ンならそうしてくれそうだ。

途中、日本人客が一人入ってきた。カーテンで仕切られているので顔は見えない
が声は聞こえる。

1時間はあっという間に過ぎた。彼女達の身入りは1時間50バーツと聞いているの
で、この真偽は不明、100バーツをチップとした。名前を聞いたが失念、しっか
りとしたマッサージだった。

★★★フォーラムのご紹介★★★

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

★露・東欧地域研究会(グループ)

★★★フォトギャラリーのご紹介★★★

このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

■■後記

公共交通機関の視察が主目的、こちらは副目的であった。次回も視察をしよう!
次回は、サリカ・カフェでのサイフォンコーヒーは外せないな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第174 2013103
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment