Monday, 31 March 2014

【世界街角通信】第190号 台風ヨランダでレイテ島タクロバン-04 2014年3月31日

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第190号 2014年3月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さま、こんにちは、世界街角通信です。今号は、フィリピンのレイテ島タクロ
バンからです。(実は帰国してから書いています。)

昨年11月、スーパー台風ヨランダ(台風30号)がフィリピンのレイテ島タクロバ
ン市付近を横断し甚大な被害をもたらした。その復旧復興支援の関係でタクロバ
ンに滞在しています。フィリピンのトピック、レイテ島タクロバンその4です。

★iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されます。悪しからず。

▼目次
■マニラ便も-2014年3月30日より羽田国際線大増便!ANA国際線
■5年ぶりのマニラはリトルラスベガスに変身!
■台風ヨランダ復旧支援における自衛隊の活動
★フェースブック・グループのご案内

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■マニラ便も-2014年3月30日より羽田国際線大増便!ANA国際線

羽田空港国際線拡張ターミナルの供用開始に伴い、全日空がアジア路線を大幅に
増便、マニラ便もJALの成田発便と同じ時間帯に新たに就航する。
https://www.ana.co.jp/int/promotion/haneda_international/asia/

NH869 羽田 09:55-13:30 マニラ
NH870 マニラ 14:40-19:55 羽田着

新し物好きではありませんが、成田へ行く時間節約を考えると羽田発に乗りたく
なるのは自然の成り行きですね。

今回の羽田空港国際線発着枠の配分については以下の通り。
全日空11便
日本航空5便

日本航空の増加枠数は全日空の半分以下となった。
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000084.html

その理由は、政権政党である自由民主党との関係によるようです。

自民・ANA、蜜月健在 羽田国際線枠で日航に完勝(無料記事)
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO60514350S3A001C1XX1000/

全日空の半数ながら5便をの枠を確保した日本航空は、「昼間時間帯に新たに羽
田=ロンドン線、羽田=パリ線、羽田=シンガポール線、羽田=バンコク線を運
航します。」とのこと。

昼間時間帯が増便になるのは利用しやすくなりますね。

JALグループ、2014年度 路線便数計画を決定
http://press.jal.co.jp/ja/release/201401/002781.html

■5年ぶりのマニラはリトルラスベガスに!

5年ぶりのフィリピン出張となったことは既に書いた。1月に前業務(南アジア)
が完了したが、次がフィリピンになるとは思いもよらなかったし、台風の災害復
旧復興支援ということもまったく頭の片隅にさえ存在していなかった。

しかし、他人は覚えているもので2005年初頭にスマトラ沖地震による津波災害復
旧のためにモルディブで仕事をしたのだった。同じ島国だけど、元々、フィリピ
ンに縁があるわけではないが、まったくないわけでもなかった。

5年ぶりのマニラは大きく変わっていた。ビジネスの中心地、マカティのオフィ
ス街は高層ビルの数がかなり増え、資金供給の潤沢さを表していた。

以前の生活圏だったP.Burugos通り周辺も高層ビルが増えコンドやホテルとなり、
RockWellの再開発地区は駐車場が無くなりビルになっていた。勢いがある。

今回は見ていないがフォート・ボナファチオ地区も完成に近いほどビルができた
と知り合いが説明してくれた。ここは5年前にも行ったことがある、国土地理院
が近くにあった記憶だ。

さて、到着日に知人と夕食を食べに行った。レストランは彼に任せた。マニラ湾
を埋め立てた地区に巨大なショッピングモールがあった。その先に、Solaireと
いうカジノがありそこで食事をした。

カジノの食事はかなり質が高く割安というのが常識のようだ。それでこそ客がや
ってくるのだろう。ブッフェスタイルだったので食べ過ぎの感が否めないが中東
っぽい料理(前菜)もあり、寿司、刺身もありという豊富な品揃え、蛸の刺身は
新鮮で美味しかった。

我々の目的は食事であり、カジノはしなかったが、他にショーもありエンターテ
イメントセンター的な施設だった。客のほとんどが地元の人、中間層が増えた
なーというのが印象だった。

確か、空港の前にあるレミントンホテルもカジノ併設だったようだ。そんなわけ
でマニラの戦略は、リトルラスベガスではないかと思った次第。

Solaire Resort and Casino
1 Asean Avenue
Entertainment City
Paranaque City 1701
Manila, Philippines
http://solaireresort.com/

■台風ヨランダ復旧支援における自衛隊の活動

これはニュースでも取り上げられたので記憶にある方もいると思う。

11月12日、防衛大臣から「国際緊急援助活動の実施に関する自衛隊行動命令」を
発出した。当日、2名の隊員がマニラへ移動、活動を開始した。
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/11/12c.html

11月13日、50名の隊員がマニラ着、

11月14日、マニラからタクロバンへ移動、

11月15日、タクロバンで医療活動開始。医療チーム20名がセブ島入り、等。

11月15日、防衛大臣から「国際緊急援助活動の実施に関する自衛隊行動命令の一
部を変更する行動命令」を発出し、フィリピンにおける国際緊急援助活動への派
遣部隊を強化。
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/11/15d.html

要請の流れは以下の通り:
フィリピン政府→外務省→防衛省

自衛隊とは別にJICAから「国際緊急援助隊・医療チーム」が派遣された。
http://www.jica.go.jp/information/jdrt/2013/20131111.html

11月15日付けの変更により以下体制となった。

フィリピン現地運用調整所 10名
関係機関、関係国との調整

国際緊急援助統合任務部隊 1170名
任務:医療・防疫活動、救援物資等の輸送等

構成部隊:統合任務部隊司令部、医療・航空援助隊、海上派遣部隊、空輸隊

装備:CH-47輸送ヘリコプター×3機、UH-1多用途ヘリコプター×3機、
輸送艦1隻、護衛艦1隻、補給艦1隻、KC-767空中給油・輸送機×2機、
C-130H輸送機×2機(常時)

12月20日まで活動したようだ。
http://www.mod.go.jp/gsdf/news/pko/ph/

フィリピン共和国への国際緊急援助活動ギャラリー
http://www.mod.go.jp/js/Activity/Gallery/gallery_photo.htm

概要はこんなところ、評価は自衛隊の場合するのだろうか?あったら見てみたい。

12月末に国連事務総長が来るのでそれまで活動を継続すべきとの示唆を振り切っ
て数日前に切り上げてしまったようだ。その隙間に、韓国軍が予定がなかったに
も係わらず無理して事務総長のタクロバン来訪に合わせて来たとか。

■フェースブック・グループのご案内

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共産圏を含
むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE 露・東欧
地域研究会」です。どうぞお見知りおきを!

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)
http://www.facebook.com/groups/298398100231283/

★R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)
https://www.facebook.com/groups/436215346470056/

★★★Facebookのページのご紹介★★★

★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)
https://www.facebook.com/sekaimachikado

★★★フォトギャラリーのご紹介★★★

このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog
http://klubnikaphoto.blog.fc2.com/

photo blog 世界街角通信
http://worldcityimg.blogspot.com/

■■後記

東京では桜が開花しました、昨日、目黒川沿いの桜を見に行ったら木によってで
すが8分咲き、春が一気にやってきました。桜の他ににも住宅街のあちこちでは
春の花が咲きつつあります。良い季節!

レイテ島やタクロバンにままだまだ迫っていません、今後継続していきます。大
岡昇平の「レイテ戦記」等は必読と考えています。

また、「永遠の0」にも神風特攻隊の行でレイテ島が当然ながら登場します。ま
こちらも目を通す予定です。

出来るだけ自分の目でレイテやタクロバンを踏査したが限界、統計書を入手しな
いと正確なイメージ再現が出来ないと痛感、次回は、この点に留意しよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第190号 2014年3月31日
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.

Facebook: https://www.facebook.com/sekaimachikado
公式サイト1:http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2:http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment