Monday, 9 March 2015

【世界街角通信】第220号 Gulu滞在ノートNo.10 2015年3月4日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第220 201534日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

昨年末に帰国しましたが、アフリカの熱帯高地、ウガンダ北部の「Gulu滞在ノー
ト」を備忘録的に続けてお届けしています。

★訂正:グルはGuluと表記します、これまで間違った表記だたり混在していたの
で訂正いたします。(200号、201号、202号、213号、214号、215号、217号)

▼目次
Gulu滞在ノートNo.10-Acholi Innのサービスメモ
Gulu滞在メモNo.11-ウガンダ北部の治安
■■後記

為替レート<2014 span="">年121日現在)
UGX=0.043円、1000シリング=40

2014121

★★★本文★★★

Gulu滞在ノートNo.10-Acholi Innのサービスメモ

宿泊していたホテルのサービスに関するメモです。

1)レセプションの対応
それほど期待していなかったので特に問題は感じなかった。チェックイン直後に
机や椅子を入れてもらう時にフォローする必要があったが、できることはリクエ
ストすれば対応してくれる。

24時間、誰かは配置されている。深夜は、横の仮眠室で寝ている。

2)朝食とレストランでの食事
宿泊料金からすれば十分な内容と思う。客が多いときが少ないので朝食はゆっく
りと取れる、週末は特に。

3)ランドリーサービス
洗濯代は基本一つ1,000シリング、洗濯機を使っているが汚れは落ちない、特に
靴下は。なので自分で選択したほうがよい。下着(パンツ)は2000シリングなの
でこれは自分で洗えと言っている料金だ。

洗濯代

4)ハウスキーピング
きちんと毎日掃除とベッドメイキングをしてくれた。物がなくなることはなかっ
た。

5)部屋の電気とお湯
電気、お湯については、以前、ホテルの号で書いたとおり、停電は頻繁に発生し、
自家発電機があるので概ね問題ないが深夜には自家発電も止める。それから、お
湯は、出るときは熱過ぎ、出ないときは2日ほど冷水のみ、であった。

6)支払い
宿泊料金はシリングでの現金が最も面倒がない。クレジットカード払いは、準備
中とのことだったがいつになるのか不明。

USDでの支払いも受け付けてくれる。その場合、レートをどう決めるかがホテル
として定まっていない。中央銀行の為替レートの中央値を最初の支払いで適用し
たが、それではホテル側が損することになるとの理由から、売りレートを適用し
た。

その一つの理由は100ドル紙幣とその他の紙幣では交換レートが異なるため、と
の趣旨だった。レートが異なっても微小だし、USD現金での支払いが可能なほう
が筆者的には時間がかからないのでそのまま受け入れた。

USD現金はホテルの銀行口座へ入金するものと思っていたの紙幣の金額による
レートの差は考えていなかったが、銀行ではなく両替商を外国為替に利用してい
るような対応だった。

Gulu滞在ノートNo.11-ウガンダ北部の治安

あくまでも日本の外務省が考えているウガンダ北部の治安、これが海外安全ホー
ムページに掲載されている。ウガンダ北部のアチョリ地域は、色がついている。
オレンジ(渡航延期勧告)ではなく淡いオレンジ、つまり、「渡航の是非を検
討」する地区となる、グルは当然ながら、その中に含まれる。

では実際に問題としてどうかと言えば、日本人の研究者や目的を持った旅行者が
この地域を訪問していることは事実である。このカテゴリーの安全情報が何に影
響するかと言えば、よくわからない。危険手当が出る地域ではない。ただ、僻地
手当がでている、と聞いたことがある、筆者には関係のないこと。

ウガンダ 外務省海外安全ホームページ

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

もう遥か彼方のことのように思えてしまうウガンダ北部でこと、現実からは地球
の裏側以上の距離感を感じる。次号でウガンダ北部はひとまず完了する予定です。

ウガンダ北部は、筆者の「志(こころざし)」に沿ったことだったが、現実は異
なり、いや、ウガンダ国やウガンダ人のことではない、そこに関係している日本
国と日本人のこと。

新たな「志(こころざし)」を次に臨むべし。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第220 201534
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆★☆☆★☆☆

No comments:

Post a Comment