Tuesday, 10 March 2015

【世界街角通信】第221号 Gulu滞在ノートNo.11 2015年3月9日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第221 201539日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

昨年末に帰国しましたが、アフリカの熱帯高地、ウガンダ北部の「Gulu滞在ノー
ト」を備忘録的に続けてお届けしています。

★訂正:グルはGuluと表記します、これまで間違った表記だたり混在していたの
で訂正いたします。(200号、201号、202号、213号、214号、215号、217号)

▼目次
■アカシアモールのカフェcafesserie
■イタリア料理 il patio
■シアバターショップ Sheabutter Shop

■■後記

為替レート<2014 span="">年121日現在)
UGX=0.043円、1000シリング=40

2014121

★★★本文★★★

■アカシアモールのカフェ cafesserie
最近、きっと2014年中、にオープンしたショッピングモールの中に洒落たカフェ
があると聞いたので、カンパラ滞在を利用して行ってみた。

カンパラに居住していれば日常なのでしょうが、ウガンダ北部に滞在していたの
で非日常空間、わざわざ足を運んだ。

ショッピングモールはまだ全てのテナントが埋まっている状況ではなかったが巨
大なスーパーマーケットが1階に入居していた。

それとケンタッキーフライドチキン、いわゆるKFCもテナントとして入っている
との情報だったので確認した。ここまでアメリカンカルチャーが浸透していると
は、感じた。

さて本題のカフェ、エントランスの右なので行けばわかる。パリ風なのだろう、
ここがアフリカとは思えないほど、味サービス共に洗練されていた。ケーキ、ア
イスクリーム、パスタやサンドイッチも食べられる。

cafesserie

■イタリア料理 il patio
カンパラはウガンダの首都、グルとは雲泥の差がある。カンパラには往復に一泊
づつしただけなので情報がほとんどないが、帰国の際、新たな情報を入手した、
私が入手したのではないが、同伴者が入手してくれたのでそれに乗った形となっ
た。

木曽路ならぬKisozi Closeだったとおもうが、行き止まりの小路の奥、Mayfair
というカジノの奥にあった。入り口はカジノの横、まあ、カジノを通過して奥へ
行けばこのイタリアンとなる。

早めに行ったので空いていた。店の名「il patio」の通り、中庭のあるレストラ
ン、入り口付近がバー、奥がレストランとなっている。テーブルには白いテーブ
ルクロスが掛けられ、品がよく、中庭を囲んでいる。

コースもあったが、量が多いのでアラカルトで注文、オニオンスープとペッパー
ステーキと無難な選択をした。これは期待通り、非常に美味しかった。ハウスワ
インは南ア産、一定以上の質だ。

■シアバターショップ Sheabutter Shop
ウガンダへ行くまで知らなかったシアバター、ウガンダ在住日本人から、ウガン
ダ土産の定番と教えられた。

シアバターは、シアナッツから油分を抽出して食品として、ボディクリームとし
て使う。そのシアバターのショップ、ここでは保湿クリームとしてケースに入れ
て販売しているショップがオアシスモールの2階、フードコートへ行く途中にあ
る。ラベルを見るとウガンダ北部のリラで製造とある。お値段は125g8000シリ
ングでした。

帰国してから知人の女性に聞いたところ、皆、知っていた。なぜ、シアバターが
知られているのかというと、フランスのロクシタンという化粧品メーカーが販売
しているからであった。

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記
ウガンダ北部滞在ノート、今号はカンパラの備忘録でした。このシリーズ、でひ
とまず今号で完了です。どうもありがとうございました。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第221 201539
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★★★以上です。★★★

No comments:

Post a Comment