Sunday, 25 October 2015

【世界街角通信MM】第238号 ニューヨーク紀行その2 2015年10月25日



★★★メールマガジン「世界街角通信MM」第238 20151025日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

9月下旬から1週間ほどニューヨークに滞在しましたので筆者の視点で綴った「ニ
ューヨーク紀行」をお届けします。今回はその第2号です、また、今後、数回連
続します。

▼目次
■マンハッタンはルーフトップ文化
■ユニオンスクエア界隈
■マックス・ブレナーとストランド書店

■■後記

【ご案内】
「日本による中央アジア地域支援の展望-安倍首相中央アジア訪問に寄せて」

共同執筆でThe Povertistというサイトに投稿しましたのでご案内いたします。
テーマは、10月下旬に安倍首相が訪問する中央アジア地域の展望です。この訪問
が我が国の対中央アジア地域支援の第4フェーズ展開の契機となるのか、という
こと。分割して投稿されます。


★★★本文★★★

■マンハッタンはルーフトップ文化

華やかな世界はあまり知らないがその土地柄なのでしょう、高層ビル群の屋上に
出れば庶民でもビル群が望める、夜景ならばそれぞれの高層ビルが放つ照明をま
とった高層ビルの群れがNYCマンハッタンの夜景を形成している。

地上を歩いていてはなかなか見られない光景、俯瞰するような景色が素晴らしい。
その高層ビル群の屋上に夜景を楽しむルーフトップバーがある。

友人のアレンジで、モナークというルーフトップバーで待ち合わせしようという
ことになり、住所を頼りにグラマシーパークからマジソンスクエアを通過し、ブ
ロードウェイを北上、住所によると71 W 35th Streetなのでプラプラと歩く。

35丁目まで来たらその昔歩いたことが風景が出てきた、今は、H&Mができていた
けど、Macy'sには何度か足を運んだ、もう成人している姪たちの服を土産に買っ
たことがあるなあ、などと思いを馳せながら行くと住所の場所についた。

Monarch Rooftop Lounge
71 W 35th Street, 18th Floor Penthouse

地下鉄の出口付近から建物の入り口まで並んでいる。まだ、オープンしていない
のだろう。先頭まで見に行ってみるが並んでいる。その先に韓国レストランが見
えた、この通りは韓国街(33-35丁目)のようだ。

その昔、パナマの帰りにシェラトンホテルズ&タワーズ(旧名称)に宿泊してい
た時、上司が韓国料理屋へ行こうと連絡があり、雪の降る中、33丁目まで歩いた
ことがある。適当に入ったのだがかなり美味しい韓国料理だった。今回はそれほ
ど探さなかったが。

Sheraton New York Times Square Hotel
811 7th Avenue on 52nd Street, New York City, NY 10019

さて、お目当てのルーフトップ、週の後半に差し掛かると、この日は水曜日だっ
たが客が多くなるようだ。本日の参加者が集まったところで、別のルーフトップ
へ行こうと詳しいSさん情報を頼りに少し北へ行ったThe Skylarkへ行くことにな
った。

最近、米国に足を踏み入れていないので予期していなかったが、バーへ入るのに
IDが必要なのであった、しかし、ここは顔パスで。

The Skylark
200 W 39th St, 30th Floor, New York

目の前の暗闇にそそり立つエンパイアステートビル、絶景(リンクをクリックす
るとその光景が見られます)でした。暗いので高さも感じず私的には大満足、実
はこのバー、二層になっており、トップの階が空いていたのでした、しかし、屋
外なのでやや寒かった。

このスカイラーク、週末はイベント用、月から金は一般用です。

【補足】
写真をお見せしたいのですが、現在、滞在している国ではとてもアップできるよ
うな環境ではないので、アップした時にお知らせします。

■ユニオンスクエア界隈

マンハッタンの特徴にスクエアと呼ばれるオープンスペース(公園)がところど
ころに配置されている。最も著名なのはセントラルパークであろう、その他、ワ
シントンスクエア、ユニオンスクエア、マジソンスクエア等だ。

ユニオンスクエア、北がフラットアイアン・ディストリクト、西がチェルシー、
南西がグリニッジ・ヴィレッジ、南東がイースト・ヴィレッジ、そして東がグラ
マシーであり、我々はグラマシーから歩いてきた。目的はこのユニオンスクエア
ではなく、その南のグリニッジ・ヴィレッジの本屋と西のチェルシーの街歩きの
通過点としてだ。

公園の中に彫像があったのは記憶しているが、それらがジョージ・ワシントン、
ラファイエット、エイブラハム・リンカーン、マハトマ・ガンディーだったのは
確認しなかった、この情報は後日知った。

911の時、ここで多くの人々が追悼を行い犠牲者に花束を手向ける場ともなった。
これも後から知ったことだ。

週末は生鮮食料品のマーケットが立つ。

■マックス・ブレナーとストランド書店

ユニオンスクエアからブロードウェイを少し南に行くと、日本でもよく知られて
いる表参道ヒルズにショップがあるMax Brenner Chocolateの店がある。なぜブ
レイクしているのか不思議だがチョコレート自体は美味しい。

その前を通過したのでちょっと店内に立ち寄ってみた。手前にテイクアウト用の
ショップがあり奥がカフェとなっている、どこか、昔のアメリカ映画に出てくる
ドライブインのような作り、表参道ヒルズのデザインとは大違いだ。メニューは
スイーツ中心にみえた。

マックス・ブレナーはイスラエルで創業、現在はイスラエル最大の食品メーカー
である「シュトラウス・グループ」の一部となっている。

日本には既に4店舗、広尾プラザにも出店していた。日本法人だが、人の褌で相
撲を取っているので今後もっと増えるかもしれない。

ユニオンスクエアから南に下がったのはこの本屋がお目当て、アート系で蔵書量
が凄い、時間が無くさらっと見ただけ、しっかり見ると他へ行けなくなってしま
う気がした。本の値段も日本とは違って定価ではない。

The Strand Bookstore

その目の前にカフェ、リーズナブルとのこと、ここでコーヒーを買ってから行儀
悪いが飲みながらグリニッジ・ヴィレッジ方面へ歩き始めた。

The Beans Coffee

■フェースブック「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

前号の通りの表記の仕方が、おかしかった。多分下記のように表記するのだと思
う。

レキシントン通り51番通り→レキシントン通り51丁目
レキシントン通り23番通り→レキシントン通り23丁目

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信MM」第238 20151025
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆★☆☆★☆☆以上です。

No comments:

Post a Comment