Sunday, 22 March 2015

【世界街角通信】第223号「原宿裏通りブラームスの小径」2015年3月22日

★★★メールマガジン「世界街角通信」第223号 2015年3月22日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

今号は、数日前にぶらりと歩いた「原宿裏通り ブラームスの小径」をお届けし
ます。

▼目次
■原宿裏通り ブラームスの小径からフォンテーヌ通り、モーツァルト通りへ
■小路は明治神宮を水源とする小川の暗渠
■■後記

★★★本文★★★

■原宿裏通り ブラームスの小径からフォンテーヌ通り、モーツァルト通りへ

▼ブラームスの小径

渋谷で待ち合わせ、早稲田でのセミナーの後少し時間があったので、原宿で降り
て明治通りを歩こうと思い改札を出た。

表参道へ向いながら、ふと「ブラームスの小径からモーツァルト通り」をしばら
く歩いていないなあと思いだし、竹下口へ戻り、竹下通りを歩き始めた。

角の吉野家はしばらく変わっていないが、他は記憶にない。DAISOの前のT字路を
入る。以前はなんだったのか覚えていないが、空間的にこういう経路だったよう
な記憶、元は小川なのでそういうことを念頭に歩いた。

写真左がLeseineルセーヌ2号館、右が1号館

やや曲がった小路を行くと、ルセーヌがある。この店は変わっていない記憶だが
最初に行ったのが80年代初頭だったのでどうだかわからない。店のHPには21周年、
つまり、1994年からとなるので違うかもしれない、しかし、建物は変わっていな
いような印象だ。

最初にこの小路を歩いたのは、社会人になってからだ、なんとなく原宿を歩いて
みようと思い竹下口から竹下通りを歩き始めたら、横道があったの入ったら小路
があり奥へと誘われた。そしたら洒落たカフェがあり、そこでコーヒーを飲んだ。
原宿竹下通りとそのイメージからは程遠い、静かな、かつ洗練された雰囲気がそ
こにはあった。そのカフェがルセーヌと同じ場所だと思う。後にこの小路を「ブ
ラームスの小径」ということを知った。

ルセーヌ
http://www.luseine.com/contact.html

http://r.gnavi.co.jp/p251800/

さらに奥へ進むと、感覚的には竹下通りと並行しているであろう、よって、この
まま行けば明治通りだということは容易に想像できた。

▼フォンテーヌ通り
少し進むと階段がある、以前は橋だったのかもしれない。地形のせいか道路との
取り付きが複雑だ、これを超えてまっすぐ進む。ここからが「フォンテーヌ通
り」と呼ばれている。この通りを少し歩くと右側に中庭に噴水のあるフォンテー
ヌ原宿ビルが見えてくる、このビルを含めてこの辺は美容室が集まっている。

しかし、ここが「フォンテーヌ通り」という名が付いていたとは認識していなか
った。このフォンテーヌ原宿ビルが80年代初頭から存在したかどうかは記憶にな
い。

モーツァルト通り
そして、その先、明治通りとの合流手前に、静かなカフェ、ヴォルール・ドゥ・
フルール(花泥棒)があるがこの辺りを「モーツァルト通り」と称している。通
りの名の由来は、モーツアルトの曲だけを流すCasa Mozartが通りにあったから
と言われている。下記のことだと思うがカフェではなく音楽サロンだ。

Casa Mozart
http://casamoz.org/index.html

ヴォルール・ドゥ・フルール(花泥棒)、下の写真。
http://cafevdef.exblog.jp/ 

■小路は明治神宮を水源とする小川の暗渠

この小路は元小川ということは述べたとおり、つまり「ブラームスの小径から
モーツァルト通り」は、、穏田川の支流、渋谷川水系の元小川で現状は暗渠化し
て歩道となっている。

明治神宮御苑の清正井の湧水が水源となり、花菖蒲田へ流れ南池へ、そして、山
手線をくぐって竹下通り、 ブラームスの小径、モーツァルト通りへ、そして、
明治通りをくぐって新宿御苑を源流とする穏田川へラルフローレン表参道付近で
合流する。 「穏田橋」の欄干が残されているようだ。そして、穏田川を暗渠化
しブティック街と化しているキャットストリート(旧渋谷川遊歩道路)ととなる。

その後、キャットストリートは明治通りに合流する、穏田川は明治通りをくぐっ
て宮下公園沿いに流れ、渋谷駅の下、宮益橋で宇田川と合流し渋谷川となり、国
道246号線の下をくぐり、ここから開渠となり実際の川が見られる。

渋谷川は山手線に沿って流れ、恵比寿・広尾方面へ流れ、天現寺橋では根津美術
館内の池と有栖川宮記念公園内の池(以前は青山、麻布に大小の水源が存在し
た)が水源の笄川と合流し、古川となり、浜崎橋で東京湾へ注ぐ。

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)
https://www.facebook.com/sekaimachikado

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)
http://www.facebook.com/groups/298398100231283/

★R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)
https://www.facebook.com/groups/436215346470056/

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog
http://klubnikaphoto.blog.fc2.com/

photo blog 世界街角通信
http://worldcityimg.blogspot.com/

★iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

多分、10年以上は経過しているだろう最後に歩いてから。竹下通りは街並みを構
成するショップやその看板は大きく変化していると思うが、基本的に建物や街路
が変わっていないので空間的にも変わっていなかった。なので、間違えずに記憶
を辿れたのだろう。

この裏道、変わっていなかった。原宿駅から数分、以前は明治神宮内を水源とす
る小川が流れていて、その後、暗渠になったことにより、歩行者空間が創設され
カフェができた。

東京では都市内河川が暗渠化した場所は多く存在するが、山手線駅「原宿駅」か
ら数分、そして、竹下通りや表参道が重要な比較要素だろう、このコントラスト
静寂さが価値を生み出しているような気がする。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第223号 2015年3月22日
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆★☆☆★☆☆以上です。

Saturday, 21 March 2015

【世界街角通信】第222号 ウクライナのパトカーはプリウス 2015年3月21日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第222 2015321日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

今号は「ウクライナのパトカーはプリウス」をお届けします。

▼目次
■ウクライナへプリウス1200台を納車 排出権取引の枠組みで
■新パトカーのデザイン 市民投票
■■後記

★★★本文★★★

■ウクライナへプリウス1200台を納車 排出権取引の枠組みで

住友商事の提案により、環境省と経済産業省から業務委託を受けている新エネル
ギー産業技術総合開発機構(NEDO)とウクライナ環境投資庁(SEIA)は、京都議
定書の排出権取引の枠組みである「グリーン投資スキーム(GIS)」の契約を行い、
SEIA傘下のデルジェコインベスト社と住友商事がウクライナ内務省へパトカー12
20台を納入する契約を20128月に締結しました。

簡単に言うとウクライナは余剰排出権を日本政府へ売却、その取得代金を温室効
果ガスの排出削減などの環境対策に使用するもので、今回はハイブリッド車を納
入するというものでした。契約総額は3400万米国ドル、契約通貨が米ドル建てで
あり、為替が契約時点なのかはわかりません、仮に2012年当時の為替だと27.2
円、現在の為替では約40.8億円になります。

排出枠に余裕のある国は、余剰排出量を必要としている国へ売却することにより
国家歳入とし、その資金を国家の運営に歳出できる。日本側もその代金の支払い
に環境対策に使用できるハイブリッド車で支払が可能ならば、現金決済より経済
界にとっては望ましい。

トヨタ「プリウス」をウクライナの警察車両向けに1,200台納入 - 住友商事

ウクライナ警察にハイブリッド車1220台を納入

■新パトカーのデザイン 市民投票

そして、その事業が進展し、新パトカーのデザインを決める段階に入り、市民の
意見を聞くことになり独立広場(マイダン)で新デザインのパトカーを展示して
市民投票がありました。(推測、記事に説明がないので)

下記の記事によると、排出権取引に関するGIS等には触れていませんが、写真は
プリウス、ということは排出権取得の一部代金の代替として納車されたハイブリ
ッド車とみて間違いないですね。

ウクライナ内務省は、ポスト・マイダン改革の過程である欧州基準の法執行改革
継続が主なお題目のようですが、この契約締結は2012年なので素直に耳を傾ける
わけにもいきません。

New Ukrainian police cars presented to Kyiv public as law enforcement
reform continues

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記
本来の関心エリアへ戻り、日本との関係でウクライナ関連トピックをお届けしま
した。

掘り起こせば興味深いことが多々あります、時間の許す限り、続けていきたいと
思います。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第222 2015321
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆★☆☆★☆☆以上です。

Tuesday, 10 March 2015

【世界街角通信】第221号 Gulu滞在ノートNo.11 2015年3月9日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第221 201539日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

昨年末に帰国しましたが、アフリカの熱帯高地、ウガンダ北部の「Gulu滞在ノー
ト」を備忘録的に続けてお届けしています。

★訂正:グルはGuluと表記します、これまで間違った表記だたり混在していたの
で訂正いたします。(200号、201号、202号、213号、214号、215号、217号)

▼目次
■アカシアモールのカフェcafesserie
■イタリア料理 il patio
■シアバターショップ Sheabutter Shop

■■後記

為替レート<2014 span="">年121日現在)
UGX=0.043円、1000シリング=40

2014121

★★★本文★★★

■アカシアモールのカフェ cafesserie
最近、きっと2014年中、にオープンしたショッピングモールの中に洒落たカフェ
があると聞いたので、カンパラ滞在を利用して行ってみた。

カンパラに居住していれば日常なのでしょうが、ウガンダ北部に滞在していたの
で非日常空間、わざわざ足を運んだ。

ショッピングモールはまだ全てのテナントが埋まっている状況ではなかったが巨
大なスーパーマーケットが1階に入居していた。

それとケンタッキーフライドチキン、いわゆるKFCもテナントとして入っている
との情報だったので確認した。ここまでアメリカンカルチャーが浸透していると
は、感じた。

さて本題のカフェ、エントランスの右なので行けばわかる。パリ風なのだろう、
ここがアフリカとは思えないほど、味サービス共に洗練されていた。ケーキ、ア
イスクリーム、パスタやサンドイッチも食べられる。

cafesserie

■イタリア料理 il patio
カンパラはウガンダの首都、グルとは雲泥の差がある。カンパラには往復に一泊
づつしただけなので情報がほとんどないが、帰国の際、新たな情報を入手した、
私が入手したのではないが、同伴者が入手してくれたのでそれに乗った形となっ
た。

木曽路ならぬKisozi Closeだったとおもうが、行き止まりの小路の奥、Mayfair
というカジノの奥にあった。入り口はカジノの横、まあ、カジノを通過して奥へ
行けばこのイタリアンとなる。

早めに行ったので空いていた。店の名「il patio」の通り、中庭のあるレストラ
ン、入り口付近がバー、奥がレストランとなっている。テーブルには白いテーブ
ルクロスが掛けられ、品がよく、中庭を囲んでいる。

コースもあったが、量が多いのでアラカルトで注文、オニオンスープとペッパー
ステーキと無難な選択をした。これは期待通り、非常に美味しかった。ハウスワ
インは南ア産、一定以上の質だ。

■シアバターショップ Sheabutter Shop
ウガンダへ行くまで知らなかったシアバター、ウガンダ在住日本人から、ウガン
ダ土産の定番と教えられた。

シアバターは、シアナッツから油分を抽出して食品として、ボディクリームとし
て使う。そのシアバターのショップ、ここでは保湿クリームとしてケースに入れ
て販売しているショップがオアシスモールの2階、フードコートへ行く途中にあ
る。ラベルを見るとウガンダ北部のリラで製造とある。お値段は125g8000シリ
ングでした。

帰国してから知人の女性に聞いたところ、皆、知っていた。なぜ、シアバターが
知られているのかというと、フランスのロクシタンという化粧品メーカーが販売
しているからであった。

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記
ウガンダ北部滞在ノート、今号はカンパラの備忘録でした。このシリーズ、でひ
とまず今号で完了です。どうもありがとうございました。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第221 201539
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★★★以上です。★★★

Monday, 9 March 2015

【世界街角通信】第220号 Gulu滞在ノートNo.10 2015年3月4日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第220 201534日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

昨年末に帰国しましたが、アフリカの熱帯高地、ウガンダ北部の「Gulu滞在ノー
ト」を備忘録的に続けてお届けしています。

★訂正:グルはGuluと表記します、これまで間違った表記だたり混在していたの
で訂正いたします。(200号、201号、202号、213号、214号、215号、217号)

▼目次
Gulu滞在ノートNo.10-Acholi Innのサービスメモ
Gulu滞在メモNo.11-ウガンダ北部の治安
■■後記

為替レート<2014 span="">年121日現在)
UGX=0.043円、1000シリング=40

2014121

★★★本文★★★

Gulu滞在ノートNo.10-Acholi Innのサービスメモ

宿泊していたホテルのサービスに関するメモです。

1)レセプションの対応
それほど期待していなかったので特に問題は感じなかった。チェックイン直後に
机や椅子を入れてもらう時にフォローする必要があったが、できることはリクエ
ストすれば対応してくれる。

24時間、誰かは配置されている。深夜は、横の仮眠室で寝ている。

2)朝食とレストランでの食事
宿泊料金からすれば十分な内容と思う。客が多いときが少ないので朝食はゆっく
りと取れる、週末は特に。

3)ランドリーサービス
洗濯代は基本一つ1,000シリング、洗濯機を使っているが汚れは落ちない、特に
靴下は。なので自分で選択したほうがよい。下着(パンツ)は2000シリングなの
でこれは自分で洗えと言っている料金だ。

洗濯代

4)ハウスキーピング
きちんと毎日掃除とベッドメイキングをしてくれた。物がなくなることはなかっ
た。

5)部屋の電気とお湯
電気、お湯については、以前、ホテルの号で書いたとおり、停電は頻繁に発生し、
自家発電機があるので概ね問題ないが深夜には自家発電も止める。それから、お
湯は、出るときは熱過ぎ、出ないときは2日ほど冷水のみ、であった。

6)支払い
宿泊料金はシリングでの現金が最も面倒がない。クレジットカード払いは、準備
中とのことだったがいつになるのか不明。

USDでの支払いも受け付けてくれる。その場合、レートをどう決めるかがホテル
として定まっていない。中央銀行の為替レートの中央値を最初の支払いで適用し
たが、それではホテル側が損することになるとの理由から、売りレートを適用し
た。

その一つの理由は100ドル紙幣とその他の紙幣では交換レートが異なるため、と
の趣旨だった。レートが異なっても微小だし、USD現金での支払いが可能なほう
が筆者的には時間がかからないのでそのまま受け入れた。

USD現金はホテルの銀行口座へ入金するものと思っていたの紙幣の金額による
レートの差は考えていなかったが、銀行ではなく両替商を外国為替に利用してい
るような対応だった。

Gulu滞在ノートNo.11-ウガンダ北部の治安

あくまでも日本の外務省が考えているウガンダ北部の治安、これが海外安全ホー
ムページに掲載されている。ウガンダ北部のアチョリ地域は、色がついている。
オレンジ(渡航延期勧告)ではなく淡いオレンジ、つまり、「渡航の是非を検
討」する地区となる、グルは当然ながら、その中に含まれる。

では実際に問題としてどうかと言えば、日本人の研究者や目的を持った旅行者が
この地域を訪問していることは事実である。このカテゴリーの安全情報が何に影
響するかと言えば、よくわからない。危険手当が出る地域ではない。ただ、僻地
手当がでている、と聞いたことがある、筆者には関係のないこと。

ウガンダ 外務省海外安全ホームページ

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

もう遥か彼方のことのように思えてしまうウガンダ北部でこと、現実からは地球
の裏側以上の距離感を感じる。次号でウガンダ北部はひとまず完了する予定です。

ウガンダ北部は、筆者の「志(こころざし)」に沿ったことだったが、現実は異
なり、いや、ウガンダ国やウガンダ人のことではない、そこに関係している日本
国と日本人のこと。

新たな「志(こころざし)」を次に臨むべし。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第220 201534
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆★☆☆★☆☆

Tuesday, 3 March 2015

【世界街角通信】第219号 Gulu滞在ノートNo.9 2015年3月3日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第219 201533日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

昨年末に帰国しましたが、アフリカの熱帯高地、ウガンダ北部の「Gulu滞在ノー
ト」を備忘録的に続けてお届けしています。

★訂正:グルはGuluと表記します、これまで間違った表記だたり混在していたの
で訂正いたします。(200号、201号、202号、213号、214号、215号、217号)

▼目次
Gulu滞在ノートNo.7-GuleAcholi地域
Gulu滞在ノートNo.8-ウガンダの石油
Gulu滞在ノートNo.9-ウガンダでの交通費
■■後記

為替レート<2014 span="">年121日現在)
UGX=0.043円、1000シリング=40

2014121

★★★本文★★★

Gulu滞在ノートNo.7-グルとアチョリ地域

グルはアチョリ地域最大の都市(ウガンダ第2の都市の位置づけ)、と言っても
人口は10数万人、首都カンパラの10分の1にまったく満たない規模ですが、地
理的な位置からこの地域の中心となっている。

1986年から2006年までの約20年間にわたり、当地域出身者によって組織された
「神の抵抗軍」という宗教的な団体かつ反政府的な組織の活動により内戦状態に
置かれていたことから、あらゆる面で停滞し、他のウガンダの地方とは趣を異に
する。現在、復興途上である。

米、ウガンダ「神の抵抗軍」司令官に懸賞金46000万円

アチョリ地域の地図を広げてみると道路ネットワークがグルを中心に東西南北へ
伸びている。南北軸は、カンパラ-グル-ジュバ(南スーダン)を繋いでいること
からグルはアチョリ地域の交易の中心的な位置づけになる。西は、西ナイル州か
ら今後へ接続され、東はアチョリ地域の東部の都市、KitgumPaderに接続する。

この道路網は、現在、未舗装道路であるが既に全ての幹線道路はリハビリテーシ
ョン工事が発注され、2-3年後には舗装道路になる見込み、そうなると益々グル
のリージョナルセンターとしての機能が増大する。

取り立てて産業と言える集積は見当たらないが、交通の要衝であり、物流の中継
点である。そして、主要な銀行の視点がグルにあり、政府機関の出先も多い。

さらに、教育分野でも、国立グル大学が所在し、アチョリ地域の教育の中心とな
っている。このようにグルには人が集まる要素が多い。つまり、グルはアチョリ
地域における社会、経済、文化等の中心都市と言える。

Gulu滞在ノートNo.8-ウガンダの石油

以下の通り、2009年の報告に新油田の開発に成功したと報告がある。つまり、ウ
ガンダは近い将来産油国となることを示している。

抜粋:
石油エネルギー技術センター 平成219
ウガンダで原油開発を行なっている英国のTullow Oil PLC Heritage Oil Ltd
が新油田開発に成功し、今後、原油生産量増加が見込まれるが、増産のためのイ
ンフラ整備が充分ではなく、Tullow Oil では資産の一部売却により開発資金、
設備資金の調達を行いたいとしている。原油生産量増加を受けて新製油所建設計
画も 動き出しており、経済性検討用入札が10 月中に実施される予定である。

なお、同国の石油事情を記載した『Harnessing Oil for Peace and Development  in Uganda』と題する資料が「International Alert ? Uganda」から発行されて
いるので参照願いたい。

なお、政府方針により、石油を原油で輸出するのではなく精製して輸出する方針
であり、石油精製所の建設も始まろうとしている。

ウガンダ=同国初の製油所建設プロジェクト入札合戦が佳境に入る

ウガンダ、石油精製所建設の入札参加企業に丸紅 など6社を選定

内陸国なので輸送も重要な要素となる。南スーダンからウガンダを経由してケニ
アのラム港へ接続するパイプラインが、豊田通商によりフィージィビリティ調査
が実施されたところである。

豊田通商、ウガンダ─ケニア間の原油パイプラインの設計受注

Gulu滞在ノートNo.9 ウガンダでの交通費

内陸国内を車で移動するため交通費がかさむ。そして、空港は首都から約35km点
のビクトリア湖畔のエンテベなのでこれも移動費がかかる。一説にはアフリカ一
高い空港までの交通費との記述がネットにあった。

1)カンパラからエンテベ空港

USD40が相場、これは非常に高い。しかも、車は10年以上前の日本の中古車、概
ね、ショップアブソーバーがへたっており、ゴツゴツと乗り心地はよくない。

Airport Taxiという会社が表向き独占しているような感じ、夜間、走行すること
を一般車両は嫌がることもある。車両はトヨタ・コロナが多い。

2)グルで車を借りる

運転手付きガソリン代別で、車は10年以上前の日本の中古車セダン、こちらは道
路状況が最悪なのでショップアブソーバーは無いに等しい。

200,000シリング(約8000円)+燃料費(40リットルだとすると、3800シリング
40L=約6000円となる。合計、約14000円。筆者は車の状態から非常に高いと感
じたが、レンタカー自体が非常に少ないので仕方がない。

3)カンパラからグルまでのレンタカー料金

運転手USD90/day+ガソリン代片道USD100x2=USD290
車はトヨタ・プラド、概ね10年落ち、だが整備されている。

片道350km、往復で700km、1リットル当たり長距離では6-8km程度だろうからこ
れでは大儲けになってしまう。実費にすればよいのだろうが。

グルまで来てカンパラまで戻るのでその分も含まれる。そのまま、グルで客を乗
せるほど需要はない。

筆者が実際に支払ったのは、エンテベ空港からカンパラ、カンパラからグルまで
USD290だった。

■フェースブック・グループのご案内
Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共産圏を含
むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE 露・東欧
地域研究会」です。どうぞお見知りおきを!

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebookのページのご紹介
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記
忘れないうちにメモをと思いながらある程度の時間が経過してしまった。思い入
れなどがあれば記憶が鮮明なのですが、既におぼろげ、いけませんね。

★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第219 201533
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆