Saturday, 26 March 2016

【世界街角通信MM】第251号 ニューヨーク紀行その15(最終号)-2016年3月26日


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第251 2016326
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

昨年9月下旬から1週間ほどニューヨークに滞在する機会がありましたので筆者の
視点で綴った「ニューヨーク紀行」をお届けしています。

今回はその第15号、最終号です。

次号から「アフリカの角」に迫ってみたいと思いますが、イスタンブールも少々
考えています。引き続き、どうぞよろしくお願いします。

▼目次
■秋晴れのマンハッタン摩天楼、Instra Gramercyのスカイデッキより
■グラマシーから地下鉄でJFK空港へ
■新交通システムAirTrain JFK
JFK空港のANANY Timesの記事
■素晴らしい夕日とともにNH1009便、成田へ
■■後記

★★★本文★★★

■秋晴れのマンハッタン摩天楼、Instra Gramercyのスカイデッキより

午前中、清々しい秋晴れの下、GramercyIrving Placeの瀟洒な佇まいを堪能し
た後、帰国のため一旦友人のアパートへスーツケースを取りに戻った。

このアパート、その屋上がスカイデッキとなっていて、33階建てだから34階が屋
上だろう、マンハッタンが360度見渡せる、これは周囲にこの高さのビルがない
からなのだが、秋晴れのマンハッタン、数日前とは異なり遠くまで見渡せて素晴
らしいの一言、イーストリバーもよく望めた。これならば三脚を担いできても良
かったと後悔したが先に立たず。

The Skydeck of Instrata Gramercy
290 Third Avenue, New York, NY, 10010

この時、NYCへ行けたのは幸運であった。彼が赴任したのが20128月、丁度その
月末、南アジアで仕事をして帰国直前に稀有な感染症(感染性心内膜炎)に罹り、
表向きは生死を彷徨っていた、本人は全く気にしていなかったが、長期入院を余
儀なくされた。

それから、しばらく静養し全快したものの、今度は仕事の関係でタイミングが合
わず、なかなか時間が取れなかった。しかし、ぎりぎりになって何の柵のない2
週間ほどの時間が空きそうだったので思い切って9月から10月にかけて1週間ほど
お邪魔した。休暇を取ってくれ、NYCを一緒に歩き回ることが出来たのは幸いで
あった。

私のような職業(コンサルタント)は、時間が自由なようで動いている業務や次
の仕事のことがあり、それほどまとまって休暇が取れないのが現実なのです。そ
ういう意味でもタイミングが合った。

The Skydeck of Instrata Gramercyからのマンハッタン眺望

■グラマシーから地下鉄でJFK空港へ

E23rd St. 3rd Aveのアパートから地下鉄を利用してJFK空港まで行くことにして
いた。出張でもないし、地下鉄を乗り継いで行けば行けるし、仕事上の興味もあ
ってそうした。

グラマシーのアパートから地下鉄6号線23st.駅まで5分程度、改札まで友人に見
送ってもらった。

ルートは、地下鉄6号線23st.51st.駅下車、E線のLexington Av./53st.へ移動、
バリアフリー(エレベータ)になっているのでスーツケースがあっても階段を持
ち運ぶことはない。E線でのAirTrain JFKへの乗換駅であるSutphin Blvd-Archer
 Av JFK駅で下車、ホームからエスカレーターで改札階に上がりそのまま改札を
出る。NYCの地下鉄の改札は狭いくて通過しにくい、スーツケースがあると難し
い。専用の出入り口(上記リンクの写真参照)もあるが、駅のブースに係員がい
ないと開かないようになっている。乗車した地下鉄6号線23st.駅でそういわれた。

この駅で降りる人たちは、その日、もうNYC地下鉄へ乗らない人がほとんど、そ
れを見越して改札前には一日乗車券や一週間乗車券をゲットしようと改札を出て
くる乗客に何人かが声を掛けていた、逞しい。これを入手すればその日、若しく
は数日は乗車が可能となるからだ。

スーツケースを持っているので改札階からエレベーターで高架上の通路まで移動
する。そのまま平行移動するとAirTrain JFK の改札へ行ける。エレベータを降
りるとそこは、ロングアイランド鉄道(Long Island Rail Road:LIRR)の駅を通過
し、そのままサイン通りに真っ直ぐ歩いていくと、その先がAirTrain JFKの駅と
なる。

NYC地下鉄(MTA Subways)の他に、LIRRでもPenn StationQueensへも行ける。も
しかしたらこちらのが早いかもしれない。AirTrain JFKを入れて$15とのこと。

■新交通システムAirTrain JFK AGT

地下鉄からLIRR駅を経て歩いてくると正面が改札、乗客が並んでいるのでわかる
が、ここで新たにAirTrain JFK用の乗車券を買わなくてはならない。ややこしい
のは、NYC地下鉄のカードが使えないこと、再度、AirTrain JFK用のカードを購
入してそれに運賃の5ドルをチャージして改札を通過する。

AirTrain JFK

この薄っぺらいカード、NYC地下鉄(MTA Subways)と同じ仕様だが少し折れ曲がる
と接触型なのでセンサーが読んでくれない、それで何度も通す羽目になる。筆者
はポケットに入れた時に折れ曲がり、なかなか認証されなかった。

チケットは自動販売機なのでクレジットカードでの支払いが可能、日本語のメニ
ューもあった。そして、JFK Airtrainの始発駅であるJamaica駅からANAへ搭乗す
るターミナル7駅へ向かう。

JFK AirtrainTerminal7

このAirTrain JFKAutomated Guideway Transit:AGTと呼ばれる仕様、日本語で
は自動案内軌条式旅客輸送システムという。通常、AGTでゆりかもめもその一つ
である。車輌がボンバルディア製だったので運行システムも多分同じであろう。
上記、サイトに写真を掲載しています。

Terminal7

AirTrain JFK、案内があるようでないので最初は戸惑った。到着した時は、チケ
ットの買い方さえわからなかった、周囲の人に聞いてJamaica駅が地下鉄との接
続だということがわかり、チケットは到着してから買えばよいというのが直ぐに
はわからない。

AirTrain JFKは高架上を運行しており、駅は各ターミナルと駐車場駅がある。
Terminal7で下車して、エレベーター、エスカレータ等バリアフリー設備がある
のでスーツケースを持っていても移動はスムーズだ。

地上階に降り、道路を渡ればそこがターミナル7、ANAのカウンターを目指す。
星組ターミナルかと思ったが、BAのサインが見えるのでそうでもなさそうだ。


JFK空港のANANY Timesの記事

ANAカウンターでチェックインを済ませ、ラウンジを探すとBAのラウンジだった。
ビジネスライクなラウンジ、コーヒーを飲みながら新聞を開いた。

ANAカウンター

搭乗ゲートへ向かう時に先ほど通過したセキュリティチェックポイントが眼下に
あったので写真を撮った。日本では下着等が見え過ぎてわざわざカモフラージュ
を画像に掛ける加工して表示しているらしいがナンセンス極まりない。モスクワ
のシェレメツェボ空港にも同じようなフルボディスキャンがあるが、セキュリテ
ィ目的そのものだった。

Full body scan at JFK Airport

ゲートへ歩いていくと米国らしいTシャツ、"I LOVE NY"がショップに店先に山積
みされていた。いつもなら買ったかもしれないがこの時は、1週間後にアフリカ
の角へ行くことが決まっており、買っても着る機会がなさそうだったので止めた。

I LOVE NY

ラウンジではNY Timesの一面の写真に目が止まった。昨日のバラパークの火事で
はないか。よく読むとガス爆発のようで、昨日の104日ではなく、その前日の1
03日に事故が発生していたようだ。ということは昨日まで鎮火していなかった
ことにある。(ネットで検索したらNY Timesの記事があった)

バラパークの火事の記事、2015104
One Killed and 8 Hurt by Explosion in Borough Park, Brooklyn

Crews Seek Missing Woman and Cause After Brooklyn Explosion2015103

■素晴らしい夕日とともにNH1009便、成田へ

例によって席は窓側を予約した。マンハッタン上空は911以降飛べなくなってい
ると思うが、幾何かの眼下のマンハッタンを期待していたが残念ながら北へ向か
って離陸し進路を西へ取った(そう思う)、しかし、夕方便なので運よく、丁度、
夕日(下記リンク)が眺望できた。

NYC上空の夕日(一見の価値があります)

★★★本文ここまで★★★

【ご案内】
「日本による中央アジア地域支援の展望-安倍首相中央アジア訪問に寄せて」

共同執筆でThe Povertistというサイトに投稿しましたのでご案内いたします。
テーマは、10月下旬に安倍首相が訪問した中央アジア地域の展望です。この訪問
が我が国の対中央アジア地域支援の第4フェーズ展開の契機となるのか、という
視点です。

■フェースブック「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

帰国当日は天気に恵まれ、清々しい秋晴れの中、グラマシーとアーヴァインプレ
イスを歩き、カフェでそのひと時を楽しみ、NYC最後を締めくくった。そして、N
YC上空からの素晴らしい夕日、ストームの中、到着したNYCでしたが災い転じて
福となす、となってほしいものです。

次号から「アフリカの角」をお届けする予定です。

このニューヨーク紀行、再編集してアマゾン・キンドルで発行してみようかと企
画しています、その際は、改めてお知らせします。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第251 2016326
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Tuesday, 15 March 2016

【世界街角通信MM】第250号 ニューヨーク紀行その14-2016年3月14日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第250 2016314
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

昨年9月下旬から1週間ほどニューヨークに滞在する機会がありましたので筆者の
視点で綴った「ニューヨーク紀行」をお届けしています。今回はその第14号です。
いささかバックログの感は否めませんが、どうぞお付き合いください。

▼目次
Gramercy Parkとその界隈
Irving Place
■■後記

★★★本文★★★
Gramercy Parkとその界隈

友人のアパートが23rd East3rd Aveなので1ブロックだけローワーに行くとグ
ラマシーパーク(歴史地区)があり、その公園がLexington Aveの起終点となっ
ているので、そこから北方向、ミッドタウンを眺めるとクライスラービルが見え
る。

Gramercy Parkを含むPark Ave.3rd Ave.E22nd St.E18 St.に囲まれている
地区をGramercyと呼んでいる。日本のデパートの地下へ行くと、美味しそうな
ケーキを並べている"Gramercy New York"というお店をよく見かけるが、ここか
ら取った名前であろう。

airbnbのグラマシーパーク案内

さて、この公園”Gramercy Park”、公共公園ではない、プライベイト公園なの
で誰もが入ることが出来ない。いわゆる共同所有の私有地なのであるが公園なの
で権利を有する住民は年間入場料を支払って利用することが出来る。このプライ
ベイトパークはNYCでは2箇所ありもう一つがSunnyside Gardens Parkである。

Gramercy Parkの広さは約0.81ha(2.0エーカー)、周囲には19世紀から20世紀初頭
に建てられたタウンハウスやアパートが並び、1966年にNYCの歴史地区Gramercy
Park Historic Districtに指定され、落ち着いた佇まいを形成している。

"Gramercy Park Historic District and Extension”(map

Park Ave.3rd Aveは交通量も多いがこの地区だけ、ヒューマンスケールで心地
よい。その所縁は、法律家兼政治家でありNY州議会議員であったSamuel B. Rugg
les1831年に沼地だったこの地区を住宅地として開発したことに由来する。

計画の過程で彼は北へ延伸するマンハッタンの市街地の成長軸にオープンスペー
スを設ける提案をしている、それが、現在のGramercy Parkである。

1853年当時の街区図

先の通り、NYC1966年にグラマシーを歴史地区に指定した時に委員会は、John
B. Pine1921年に著した"The Story of Gramercy Park"の一節を引用している。

    The laying out of Gramercy Park represents one of the earliest attem
pts in this country at 'City Planning'. ... As a park given to the prosp
ective owners of the land surrounding it and held in trust for those who
 made their homes around it, Gramercy Park is unique in this City, and p
erhaps in this country, and represents the only neighborhood, with possi
bly one exception, which has remained comparatively unchanged for eighty
 years ? the Park is one of the City's Landmarks.

Gramercy Park Historic Districtpdf)

Gramercy Parkの使用料

公園の周囲はフェンスで囲まれ、年間使用料を払って入り口の鍵を貸与された周
辺住民しか利用できない。18311231日より、公園の周囲39の建物の所有者に
鍵が配布されている。使用料は当初鍵一つ$10だったが、2008年当時では$350
紛失した場合は$1,000となり、2番目の鍵を希望の場合は$2,000也となる。また、
建物の所有者には年間$7500の審査料金がかかり、支払わないと入場権利を失う。
現在、383個の鍵がある。

Thats Some Key, How Do You Get a Key to Gramercy Park?(NY Times)

▼グラマシーパークのホテル

2 Lexington AvenueGramercy Parkの北側、公園を見下ろす角に1925年にタウ
ンハウスから建て替えられた"Gramercy Park Hotel"がある。時代的に著名人が
利用している。ハンフリー・ボガードとヘレンとの結婚式がこのホテルで行われ
たり、Joseph P. Kennedy家族、John F. Kennedy父親、が2階の部屋に数か月滞
在していたことがあり、その後、ケネディ家はJoseph P. Kennedyの駐英国大使
就任に伴い、ロンドンへ赴任した。

その他、 the ClashMadonna, Debbie Harry, David Bowie等著名人が多く滞在
している。立地と年代からそういう人たちが集まるのだろう。

Gramercy Park Hotel
2 Lexington Avenue

Irving Place

Gramercy Parkの南側は、Irving Placeと呼ばれ、同様にNYCの歴史地区である
Gramercy Park Historic Districtに指定され、開発は上記、Gramercy Park界隈
の一部であり、同様である。East 18st.からEast 20st.までを概ねIrving Place
という。

この通り沿い、Lexington Ave.Gramercy Parkで途切れるが公園を突き抜ける
ような配置で通りがある。そしてこの通り沿いに洒落たカフェや食材点、レスト
ランが並んでいる。

歩いていても非常に心地よい、交通量少なく、歩道は広くとかなり質の高い住環
境を感じる。その通り沿いにお気に入りのカフェがあるというのでそこへ寄って
みた。だからと言って高いわけではなく、リーズナブルな品揃えでいつも混んで
いる。カフェの名はIrving Farm Coffee Roasters、歩道から少し下がっている。
似たような名前のカフェが多いので初めてだとわかりにく。

Irving Farm Coffee Roasters

昨日、ベーグルを買っただけだったので、NYでは好んで食べていたベーグルにク
リームチーズを焼いたものとコーヒーを注文した。何と言ってもこの日はストー
ムが去った後なので秋晴れのNYC、素晴らしい最終日となった。そして午前の日
の光を浴びながらベーグルを頬張った。

その先にチーズ屋がある。コンテもあったが、かなりお高い。

Bedford Cheese Shop

ブルックリンが本店のようだ。
229 Bedford Avenue, Brooklyn, NY 11211
718.599.7588

★★★本文ここまで★★★
【ご案内】
「日本による中央アジア地域支援の展望-安倍首相中央アジア訪問に寄せて」

共同執筆でThe Povertistというサイトに投稿しましたのでご案内いたします。
テーマは、10月下旬に安倍首相が訪問した中央アジア地域の展望です。この訪問
が我が国の対中央アジア地域支援の第4フェーズ展開の契機となるのか、という
視点です。

■フェースブック「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

帰国当日、素晴らしい秋晴れとなった。これがNYCの秋なのだろう、グラマシー
パークからアーヴィンプレイスまで歩き、カフェでそのひと時を楽しんだ。

NYCで最高のお気に入りの一つと言っても過言ではないだろう、周囲の佇まいを
含めて。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第250 2016314
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Monday, 14 March 2016

【世界街角通信MM】第249号 ニューヨーク紀行その13-2016年3月13日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第249 2016313
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

昨年9月下旬から1週間ほどニューヨークに滞在する機会がありましたので筆者の
視点で綴った「ニューヨーク紀行」をお届けしています。今回はその第13号です。
いささかバックログの感は否めませんが、どうぞお付き合いください。

▼目次
Borough Parkのユダヤ人とユダヤの祭日
■麻薬売買と娼婦で名を馳せたBrayant Park
Grand Hyatt NYで大学教官との面談
■■後記

★★★本文★★★

Borough Parkのユダヤ人とユダヤの祝祭日

「リトルウクライナ」の後は、イスラエルの次に大きな正統派ユダヤ人コミュニ
テ─であるBorough Parkへ行くことにしていた。

Borough Park, Brooklyn

地下鉄N線でNew Utrecht Av駅へ、ここはBorough Parkの端なので14th Aveを北
上する。辺りを見渡すと、ユダヤ正統派と思われる黒装束に丸い大きな帽子を被
った男性と同じく黒装束の女性が視野に入ってきた。子供たちも同様に正統派の
服装と髪型だ。

ブルックリン バラ・パーク(google map

ユダヤ料理を食べよう、少なくともベーグルの味を試そうと思っていたが、ユダ
ヤ人学校やシナゴーグは目についたがなかなか商店街らしきところへ辿りつけな
い。

特に入念に調べたわけでもないので(ちょっと調べれば概要が掴めるので事前リ
サーチは必須)感が頼り、Bakeryの看板、"Schreiber's Kosher Bakery"が視野
に入ったので通りを渡り店へ入ったがベーグルは売り切れ、本当かなと思いなが
ら、この日は店の多くが閉まっているので日曜日は閉まるのかと聞くと、いやい
や、今日はユダヤの祝日なのだ、明日もだ、とのこと。ポピーのパンを買って一
かじり。

そして、その先の42St.を左折して住宅街を歩いていくと13th Aveとの交差点手
前で道路がブロックされていてる。消防車が見えるので火事なのだろう、住民が
集まっている。

その交差点の角にスーパーマーケットらしき店が見えたので、人垣をかき分けて
反対側へ、店内を一回りして取りあえずベーグルを買った。

Kosher Food Depot

どうもこの13th Aveが商業地区、ショップが多いようだ、ということはレストラ
ンもあるだろう、ユダヤ正統派レストラン、と思ったが、時すでに遅し。そのま
42Stを歩いていったらFort Hamilton Parkwayに突き当り左折、高架橋が見え
そこが地下鉄D線の駅だった。目的は100%は達成されなかったものの最初の設定
があいまいだったので正統派ユダヤ教徒のコミュニティでベーグルを買ったに留
まった。そして、Fort Hamilton Parkway駅から42St. Brayant Park駅へ向かっ
た。

Brooklyn Jewish neighborhoods tour

The OutcastThe New Yorker)
After a Hasidic man exposed child abuse in his tight-knit Brooklyn commu
nity, he found himself the target of a criminal investigation.

"Schreiber's Kosher Bakery"で説明された104日と5日の二日連続の祝日は、
律法の祝典「シムハット・トーラー」のこと。ユダヤの祝日はユダヤ暦で祝われ
るため、西暦では毎年異なる。

ユダヤの暦と祝祭日の一覧

ユダヤ祝祭日と西暦の対応表(2014年から2019年まで)

▼律法の祝典「シムハット・トーラー」(抜粋)
 ユダヤ教では、トーラー(モーセ五書)を毎週少しずつ読んでいき、1年かけ
て読み終えます。毎週どの箇所を読むかは、全世界のユダヤ人に共通して定めら
れていますので、お祭りも日も共通です。

 さて、このトーラーを読み終えた喜びと感謝を表すのが、シムハット・トー
ラーの意味です。この日は、申命記の最後の部分と創世記の最初の部分を同時に
読みます。

 シナゴーグ、特にハシディズム派の会堂に行きますと、大勢の人が歓喜に酔う
ようにしてトーラーを中心に踊りまくる光景が見られます。

 このお祭りは、タルムードにはまだその名で載っていませんでしたが、「シェ
ミニ・アツェレットの2日目」と呼んでいます。このお祝いはイスラエルでは、
仮庵の祭りから8日目のシェミニ・アツェレットに守られますが、聖地以外では9
日目に守られます。

 シムハット・トーラーが終わると、お祭りのシーズンも去って、イスラエルに
冬の季節がやって来ます。そして、12月のハヌカの祭りが待ち遠しくなります。

2015
Simchat Torah 律法の感謝祭     104        日曜日
Simchat Torah 律法の感謝祭     105        月曜日

2015年祝祭日カレンダー (駐日イスラエル大使館)

■麻薬売買と娼婦で名を馳せたBrayant Park

かつてはそういう場所だった。42丁目と聞いただけでそういう印象を受けるのは
世代の違いだろうか。このBrayant Park、ニューヨーク市マンハッタン区にある
公園でタイムズスクエアとグランド・セントラル駅の中間に位置する。ミッドタ
ウンのオフィスビルに囲まれた中で緑の多いこの公園は周辺の企業に勤める人や
観光客の憩いの場となっており、年間を通じて多くの人が訪れている、一見する
とそういう印象だ。公園内にはNY公共図書館もある。

ニューヨーク公共図書館

しかし、1970年代のNYC、荒廃がNYCを代表していた時期、ここは麻薬売買、売春
婦、ホームレスの溜り場となっていた。この社会問題を解決するのが米国の都市
計画である。

1980年から再生に着手、Bryant Park Restoration Corporationが設立され、200
6年に現在のBPCへ名称変更、設立当初はRockefeller Brothers Fundから資金援
助を受けていたが現在は公園周辺の企業や団体からの資金援助や催事収入によっ
て運営されている。

公園再生の手法は、落書きの消去、壊れた備品の修復などのプログラムを厳格に
実施し、警備員を配置し不法行為の防止を図った。

さらに1988年から1992年にかけて社会学者ら意見を取り入れ、公園の地盤が高か
ったのを掘り下げ道路より低くし、周囲の生垣は撤去した。この整備により公園
と道路との見通しが良くなり利用しやすくなった。

そして道路から見通しの良い公園入口を作りフランス風庭園として遊歩道や植樹、
花壇などを整備した。また、社会学者William H. Whyteの自由に場所と向きを変
えられるイスを置くことによって利用者のエンパワーメントを強化できるという
主張に従ったものである。効果のほどは?

さらに2002年、公衆無線LANNYCの公園としては初めて提供開始した。2006年に
は間閉鎖されていた公衆便所を一新して再開した。
wikiを参考に編集)

現在ではとてもそのような印象はない。筆者も後付で知った情報なのである。再
生されるとミッドタウンの憩いの場、それはそれで注目に値するのであろう、セ
ックス・アンド・ザ・シティ他にも登場する。

この公園に入る前にその横(40th側)のカフェで一息ついたので紹介しておく。
日本にも出店している。例によってコーヒーの値段は立ち飲みとテーブルで異な
る。

Le Pain Quotidien
70 W 40th StNew York, NY 10018

東京では芝公園や東京オペラシティに店をだしている。

Grand Hyatt New Yorkで大学教官との面談

Le Pain Quotidienの後、Brayant Parkを横切り、NY公共図書館の前を通過し、
デカい、5the AveMadison Aveを超え、グランドセントラル駅を見上げその先
Grand Hyatt New Yorkへ約束の時間よりやや遅れて到着。NYC在住の日本人大
学教官との面談、指定されたのはこのホテル、レセプションがエスカレータで0.
5階ほど上がったところでその前が待ち合わせができるようにソファ、以上に座
りにくい、まあ、ホテルとしては長居されたくないのだろう、既にその教官は来
ていて我々がエスカレーターを上がってくると手を振って出迎えてくれた。

Grand Hyatt New York

もう少し早ければ旦那を紹介できたのにと、非常に気さくな政治学専攻の教官で
奥のスタバでオレンジジュースをご馳走になり、今回は私が講義する立場、とい
うか、質問に答えただけなのですが、あっという間に1時間ほど経過してしまっ
た。

アフリカの教育に関心があり、NGOを通してネットを使って講義を実施している
とのこと、この分野、門外漢故私にはさっぱり理解できなかったが、人柄が面白
い、何の役に立ったのか疑問だったが年末年始に帰国するのでタイミングがあっ
たら続きをしましょうと約束して別れた、確か、42丁目からグラマシーまで歩
いて帰った。

★★★本文ここまで★★★

【ご案内】
「日本による中央アジア地域支援の展望-安倍首相中央アジア訪問に寄せて」

共同執筆でThe Povertistというサイトに投稿しましたのでご案内いたします。
テーマは、10月下旬に安倍首相が訪問した中央アジア地域の展望です。この訪問
が我が国の対中央アジア地域支援の第4フェーズ展開の契機となるのか、という
視点です。

■フェースブック「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

時間のやりくりが難しく、週末しか書くことができない状態が続いているのでな
かなか進まなかったが、帰国前日まで来た。

NYCとはこれまでトランジット程度しか縁がなかったので今回の行き当たりばっ
たりな探索は全てが新鮮、この日の正統派ユダヤ人街とBrayant Parkは全くの表
面だけだったが次回は是非とも一歩足を踏み込んでみたい。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第249 2016313
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★