Tuesday, 19 December 2017

【世界街角通信MM】第285号中近東通信 No.5-2017-12-19



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第285 20171219
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

さて、11月初旬よりヨルダンのアンマンに滞在中です。

シリーズ名を世界街角通信MM版「中近東通信」とし、今号はNo.5です。

▼目次
■丘の都市アンマン
■大韓航空機爆破30
■コロンビアのアルメニア市
■イスタンブル運河ルート決定
■■後記

★本文★

■丘の都市アンマン

アンマンは、ヘブライ語でラバト・アンモーンと呼ばれていた都市で、アッシリ
ア帝国、ペルシア帝国、マケドニア王国の征服を経て、エジプトのプトレマイオ
ス朝の時代に、ギリシャ語のフィラデルフィアと呼ばれていた。紀元前1世紀に
ローマ帝国の統治下に入り、キリスト教を受容し司教座が置かれた。

アラビア語名であるアンマーンは、先イスラム期にシリアを支配したキリスト教
系アラブ人のガッサーン朝のもとで使われるようになり、ウマイヤ朝およびアッ
バース朝の時代に都市としての繁栄と共にその名が定着していった。しかし、度
重なる地震と戦乱によって、その後、次第に衰退していった。

次に世の中に登場するのは、1887年、ロシア帝国の弾圧を逃れて北カフカスから
オスマン帝国領のシリア地方に亡命してきたチェルケス人が、廃墟となっていた
フィラデルフィア(アンマーン)の近傍に住み始めたことによってアンマンは再
び歴史に登場することとなる。

歴史については、次号以降で触れる予定です。

さて、このアンマン、現在のヨルダン西方の7つの丘(Jabal)に位置する。現在は
19の丘をカバーしているとのこと。

Jabal Ammanというのが最も古い地区でダウンタウンと呼ばれている。

Zharan Street3rd, 2nd, 1st CircleからRainbow Stree

■大韓航空機爆破30

30年前の19871129日、バグダッド発アブダビーバンコクーソウル行き大韓航
858便がアンダマン海上空で空中爆破し乗員乗客115名が犠牲になった。

アブダビで降りた15人のうち日本国旅券を所持していた男女2人が当時中東を本
拠地としていた日本赤軍の関与が疑われたが旅券が偽造と判明、韓国中央情報部
もこの2人を疑っていた。

アブダビからバーレーンへ移動した2人を日本大使館員がバーレーン警察の協力
を得て旅券法違反で拘束しようとしたところ、男は青酸カリカプセルを服毒、死
亡した

。女も同様に服毒自殺を図ったが警察がカプセルを吐き出させ青酸ガスを吸った
ものの一命を取り留めた。この2人は北朝鮮の工作員で、ソウルオリンピック阻
止が目的のテロだった。

当時、私は20代、海外に滞在中に起きた脳裏に刻まれた事件でした。


■コロンビアのアルメニア市

コロンビアの西部、キンディオ県の県庁所在地の名がアルメニア市と言う。ここ
に友人が赴任している、丁度お互いの一時帰国中に都合が付き少し話すことがで
きた。ここはコロンビアコーヒーの産地の一つとのこと。

私の関心はなぜカトリックの国の市にアルメニアの名が付いているのかと言うこ
と、アルメニア人はいないとのこと、カトリックはアルメニア使徒教会よりも新
しいので、アルメニアと言う言葉にカトリックでは何か意味を持つのかと自問自
答してもわかるはずがない。

ネットで調べたところ、アルメニア市は1888-92まで大統領であったCarlos Holg
uin Mallarinoの出身地としてVilla Holguinと呼ばれていたが、その後、オスマ
ントルコ帝国時代の1894-97、そしてトルコ領西アルメニアでの1915-23に起こっ
たアルメニア人虐殺を追悼し、市の名前をアルメニアに変更したと信じられてい
る、とのこと。

リンクは私の友人のブログです、教育関係の仕事をしています。


■イスタンブル運河ルート決定

エルドアン大統領、本気です。イスタンブル第3空港とは規模が違います。


Kanal Istanbul The New Canal Project in Turkey

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.284の目次
▼目次
■米ペンス副大統領のエルサレム訪問を発表
12月は日本が国連安全保障理事会の議長国
■エチオピア最大の投資家、サウジの反不正キャンペーンで逮捕
■シリアポンド、急上昇
■エチオピア、パイプライン事業をキャンセル
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

トランプ大統領がエルサレム首都宣言をした以降、金曜日の礼拝の後にデモを行
っているとのこと。ダウンタウンのフセインモスクが起点になっているとのこと
で近づきに難い。先週末も注意喚起でが出ていた。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第285 20171219
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Sunday, 17 December 2017

【世界街角通信MM】第284号中近東通信 No.4-2017-12-17



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第284 20171217
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

さて、11月初旬よりヨルダンのアンマンに滞在中です。

シリーズ名を世界街角通信MM版「中近東通信」とし、今号はNo.4をお贈りします。

▼目次
■米ペンス副大統領のエルサレム訪問を発表
12月は日本が国連安全保障理事会の議長国
■エチオピア最大の投資家、サウジの反不正キャンペーンで逮捕
■シリアポンド、急上昇
■エチオピア、パイプライン事業をキャンセル
■■後記

★本文★

■米ペンス副大統領のエルサレム訪問を発表

新たな火種となりそうなペンス副大統領のエルサレム訪問、ペンスの支持層であ
るキリスト教シオニストが背景にある。

キリスト教にもシオニズムが存在し米国のキリスト教プロテスタントの福音派の
一部が主張している。それは、イスラエル(パレスチナ)を神がユダヤ人に与え
た土地と認めることであり、イスラエル国家の建設は聖書に預言された「イスラ
エルの回復」であるとし、ユダヤ人のイスラエルへの帰還を支援している。

キリストの再臨と世界の終末が起こる前に、イスラエルの回復がなされている必
要があると考え、イスラエルの建国と存続を支持し、エルサレムの神殿の丘の上
の神殿再建に信仰上の価値を置いてきている。

つまり、エルサレム旧市街に位置するこの神殿の丘にはイスラム教の岩のドーム
(西暦690)、鎖のドーム、昇天のドーム、アル・アクサー・モスク(西暦710)
が建っている。神殿の丘の西側外壁(エルサレム神殿の外壁)がユダヤ教の聖地
嘆きの壁である。

現在、神殿の丘はイスラエルの領土内にあるが、管理はイスラム教指導者により
行なわれている。そのため、ユダヤ人とキリスト教徒は神殿の丘で宗教的な儀式
を行う事を禁止されている。

2000928日、右派リクードのアリエル・シャロン党首が神殿の丘を訪問し、
これに反発したパレスチナ市民により第二次インティファーダが発生している。

今回の訪問は、トランプ大統領の首都エルサレム宣言で既に強い反発がおこって
おり、ペンス副大統領のエルサレム訪問が火に油を注ぎことになりかねない。

「キリスト教シオニスト」の実態

12月は日本が国連安全保障理事会の議長国

12月に入ってトランプ大統領のエルサレム首都宣言、続いて、ペンス副大統領の
エルサレム訪問予定と、議長国の当初の思惑から外れているのではなかろうか?

外務省ウエブより抜粋:

    1 我が国は,12月,国際連合安全保障理事会(国連安保理)の議長国を務
めます。

    2 1215日,我が国は不拡散(北朝鮮)に関する国連安保理閣僚級会合を
主催する予定です。加えて,「国際の平和と安全に対する複合的な現代的課題へ
の対処」に関する公開討論,小型武器や国連平和維持活動に関するブリーフィン
グも予定しています。また,12月の国連安保理における議題の中には,南スーダ
ン,ミャンマー,シリア等が含まれます。

    3 12月は我が国の11回目の国連安保理非常任理事国としての任期の最終月
です。日本は,国連安保理が国際社会の平和と安全に積極的な役割を果たすよう
貢献していきます。

■エチオピア最大の投資家、サウジの反不正キャンペーンで逮捕

Mohammed Hussein al-Amoudi, one of Ethiopia's biggest investors, among t
hose arrested in Saudi anti-corruption campaign

Amoudiが逮捕されても既に91年以降、ソ連が崩壊した直後に国家の財産が売却
されたのと同じ様にエチオピアの社会主義政権の崩壊後、国営企業の民営化に伴
い買収を進め財閥の様な存在になっていますので揺るぐ要素は少ないのでは。仮
りにこの状況で誰が利することになるかと言えば、当然ながら、同様に根を張っ
ている中国企業となります。

Amoudiがエチオピア市場に入れたのは、母がエチオピア人という事も大きく影響
していると思います、当然ながらイラン・イラク戦争の関連で冷戦構造が終焉を
迎える前に財を成していた事も。ジンバブエも中国ファクターが重要ですが、ム
ガベ政権後も継続なのかは不明です、他方、エチオピアの経済成長は、ソ連ブロ
ック圏であったメンギシスツ政権崩壊後、中国モデルを標榜しています、今、過
渡期で少数が支配する構造に内政がやや不安定になっていますが。

アフリカの角地域、ジブチの沖合いはスエズ運河ルート、そして内陸の人口1
のエチオピア、その先に油田地帯の南スーダン、パイプラインはポートスーダン
ルートです、があります。中国の視点は、明確です。AU本部及びUNECA本部所在
国として、今年、5月の一帯一路サミットでエチオピアはAIIBに加盟、かつて欧
州がやってきた事を焼き直して実行しています。

2006年の北京アフリカサミット以降、進出は顕著です、それ故に、アジスアベバ
では各種美味しい中華料理をいただけます。

この様な状況下、Amoudiのエチオピア人としての投資は、中国企業の攻勢が進む
中、多大な歓迎です。


■シリアポンド、急上昇

内戦前は1ドル50SPだったが、430SPまで下がっていたのですね。急上昇と言うこ
とは先行きが明るい材料が織り込まれたのだろう。まだSPを持っている、価値が
下がっても近い将来、使える事を願っている。

■エチオピア、パイプライン事業をキャンセル

エチオピア政府、エチオピアージブチ鉄道保護のためにパイプライン事業をキャ
ンセル。とは言えいつになったら鉄道は運行を開始できるにだろうか?パイプラ
イン事業そのものは妥当性がある。

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.283の目次
▼目次
■アンマンの交通-その1タクシー事情
■アンマンの交通-その2アンマンの空港と市内の交通
■不毛地帯(映画1976年)
BBCによる日本の選択への示唆
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

アンマン、標高970m(私のアパート)、12月から2月までは寒い。12月の平均気
温は14.4度、平均最高気温は26.3度、平均最低気温5.2度です。

極寒というわけではないが暖房がないと辛い。効率的な暖房がないようでエアコ
ンとか電気ストーブ、オイルヒーター等の電気が多い。

しかし、電力料金は単位当たりで日本の約2倍相当と高い。寒くて辛い冬になり
そうです。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第284 20171217
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Sunday, 3 December 2017

【世界街角通信MM】第283号中近東通信 No.3-2017-12-03



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第283 2017123
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

さて、11月初旬よりアンマンに滞在中です。

シリーズ名を世界街角通信MM版「中近東通信」とし、今号はNo.3をお送ります。

▼目次
■アンマンの交通-その1タクシー事情
■アンマンの交通-その2アンマンの空港と市内の交通
■不毛地帯(映画1976年)
BBCによる日本の選択への示唆
■■後記

★本文★

■アンマンの交通-その1タクシー事情

アンマン市内の移動は、自家用車が多く公共交通としてはタクシーかバスになる
が、バスはマイクロバスの路線バスしか見たことがない。タクシーは、黄色いタ
クシー(メーター付)とAl Moumayazというシルバーのタクシー(メーター付)
までを認識しいている。他にもあるかもしれない。

黄色いタクシーは、0.25JODから、2キロ程度走って0.8JODと比較的安いが、Al Mou
mayaz2.25JODから、車輛はよくなる。(Hyundai Sonata以上))

ただし、この黄色いタクシー、夜や週末になるとメーターを拒否する、5JODとい
うオファーが多い。そして、メーターでというタクシーもあるが、このメーター、
上がり方が早い、そう、チューンされている。

通常の倍程度になる。昨晩の経験だと出発地点が若干異なるが往路は4.05JOD
復路はCareemというUberのようなタクシーに乗ったら2.1JODだった。

Uberと類似のCareemも広く利用されている。常に料金は一定なので運転手と交渉
することもない。UberよりもCareemのが安いとのこと、まだUberは使っていない。

このように、黄色いタクシーは日中重宝しているが日没が近くなると追剥ぎのよ
うになる。

■アンマンの交通-その2アンマンの空港と市内の交通

まだ自前で使っていないので何とも言えないが、既存情報だけでも。アンマン市
内と空港間の交通は、バスかタクシーとなる。

バスは3.25JOD
North bus station-Housing bank complex
Fourth Circle
Fifth Circle
Six Circle
Seventh Circle

空港タクシーはアンマンの南まで15.75JODとのこと。
Careemでも行けるが4JODの追加となる。これは市内から空港という意味かそれと
も両方なのか不明。

■不毛地帯(映画1976年)
10月の帰国中)
数年前に録画してあったBSシネマの不毛地帯(昭和51年なので1976)、思い出し
て昨晩から観始めた、3時間の長編ですが切れ味があり見応えのある大作です。

原作を読んでいますが、映画は映画でイイですね、名俳優、名女優の出演者も。

BBCによる日本の選択への示唆

平和主義は第二次世界大戦での役割の罰、憲法九条も、当時の選択肢はこれだけ。
今日の国際情勢から、次の選択肢も一つしかない。

日本の平和主義 北朝鮮ミサイルが転換点になるのか?

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.282の目次
▼目次
■イラク・イラン国境付近でM7.3
■バルフォア宣言100周年
■イヴァンカ基金?世銀のこの事業のこと
■諸聖人の日All Saints Day
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

ヨルダンは初めての国、それゆえにこれまで滞在した近隣諸国とのと比較となる
が、ホスピタリティが低く感じる、これは歴史的な背景かもしれない、サイク
ス・ピコ協定で建国された国、歴史が浅いからなのか、中東戦争後のウエストバ
ンクからのパレスチナ人流入によるものなのか定かではないが、隣国シリアのこ
とを思うとそう感じる。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第283 2017123
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Wednesday, 22 November 2017

【世界街角通信MM】第282号中東通信 No.2-2017-11-21



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第282 20171121
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信M

さて、10月下旬に日本を発ちアブダビを経由してアンマンに滞在中です。

シリーズの名を仮に世界街角通信MM版「中東通信」とし、今号はNo.2です

▼目次
■イラク・イラン国境付近でM7.3
■バルフォア宣言100周年
■イヴァンカ基金?世銀のこの事業のこと
■諸聖人の日All Saints Day
■■後記

★本文★

■イラク・イラン国境付近でM7.3

M7.3のアラートに驚いた。被害者はイラン側が殆どで、死者約530人、負傷者約8
000人とのこと、他方、イラク側では死者10人に留まっている。地形が

■ハリリ・レバノン首相、サウジで辞任表明

背景にはサウジか?2005年に暗殺されたハリリ元首相の息子のハリリ・レバノン
首相、サウジで辞任表明。


■イヴァンカ基金?世銀のこの事業のこと

個人名を冠した基金ではないのですが、なぜか独り歩きした「イヴァンカ基金」
とマスコミが称する女性起業家支援基金は世界銀行の事業で日本政府が拠出する
原資は外貨準備金の利子の様です。

昨今、話題の女性起業家支援はこの事業のこと。
eneurs

我が国の直近の女性起業家支援、これも世銀との協調融資です。私が関係した手
前味噌ですが。

エチオピア向け円借款貸付契約の調印:女性起業家対象の融資資金提供により、
女性の社会進出や雇用創出に貢献

■諸聖人の日All Saints Day

111日はカトリック・キリスト教世界では諸聖人の日All Saints Day、翌2日は
万霊節All Souls Dayでした。この記事は、カトリック国ポーランドのもの、サ
ドゥスキーと言ってお墓にロウソクを灯す習慣のシーン。正教会では衆聖人の主
日として祝っているが復活大祭の後の主日となることから移動祭日でありカトリ
ックとは異なる。

ハロウィンは、アイルランドやケルトの習慣で諸聖人の日の前夜、精霊たちを祀
る祭事であり、Hallow EveがなまってHalloweenになったもの、それが19世紀に
移民によって北米に持ち込まれた。カトリックが少ないことからイブだけが盛大
になったのが現在のハロウィンである。

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.281の目次
▼目次
■アフリカの角から中東へ
■ハリリ・レバノン首相、サウジで辞任表明
■ヨルダンの玄関、クィーンアリア国際空港
■バクーートビリシーカルス間鉄道開通
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

中東地域、特にヨルダンとイラク、に関連する情勢を主に趣味的にレビューして
備忘録的にお届けする予定でです。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第282 20171121
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★