Tuesday, 28 December 2010

【世界の街角からMM】第89号 ウィーンの郵便と和食 2010年12月28日

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」        第89号 2010年12月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼目次
■ウィーンから荷物を郵送
■ウィーンの日本料理レストラン考
■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ウィーンの郵便事情
ウィーンの郵便事情を確認することになったのはエレバンからの荷物が約10キロ
超過していたからだ。超過料金はウィーンまで1キロ当たり30EUR(ヨーロッパ内
の料金が適用される)、日本までだといったいいくらだろうか。EUR安ではあるが
それでもかなり高くつく。搭乗した航空会社がオーストリア航空なのでスターア
ライアンスのゴールドカードを持っていれば+20kgとなる。が、既に+20kgもらっ
ているので効果なし。

エレバンではウィーンまでだと言って何とかクリアしたエクセスチャージはウ
ィーンでは無理だろうから、ウィーンから本だけ郵送することにした。幸い、土
曜日は12時まで開いている。運よく10時ごろにホテルにチェックイン出来たので
早速荷物整理を開始、本だけ取り出し近くの郵便局まで向かった。

この郵便局はKrugerstrasseにある。ケルトナー通りと交差し、オペラハウスから
だとザッハホテルが左にあり、その先の通路を右折する。すぐ左側に日本料理屋
「天満屋」があり、その先左側に郵便局あり黄色い「Post.am」のサインが見える。

基本的にドイツ、オーストリアなどドイツ系の国では商業施設の営業日は月曜日
から土曜日、日曜日は完全にお休み。郵便局も同様、土曜日の営業時間は12時ま
でである。

西ヨーロッパの郵便局はサービスが充実していて必要なものは郵便局で揃えられ
る。今回は、発送用のボックスを2個調達してその中に本を詰めた。

郵送料は2個、12kgで84.5EUR、スタンダードなので多分船便だろうな。ベルリン
からエコノミーで送った荷物は日本まで1ヶ月半かかったのでその程度の所要期間
だろう。参考までに今回支払った郵便料金の内訳と郵便局のURLを

◆郵送料内訳
Packet Standard
9kg(8.615kg)=52.87EUR+LKW-Mout0.13
3kg(2.151kg)=25.87EUR+LKW-Mout0.13

紙ボックス
大2.95EUR
中2.55EUR
+20%VAT
計84.5EUR

http://www.post.at/en/index.php

船便だと思っていたら10日でこの小包が届いた。Standardって航空便だったよう
ですね、18日投函、27日に配達なので10日間ということになります。

■ウィーンの日本料理レストラン考
郵便局へ行く途中に和食レストラン「天満屋」の前を通った、かなり前からここ
にあったと記憶している。荷物も送ったことだし、昼食をここで食べることにし
た。これまでは出来るだけ現地の料理を食べるようにしていたが、昨今の日本食
ブームもありどんな質の和食を提供しているのか、どんな客が来ているのか等を
観察してみようと視点を変えてみた。もちろん、日本人なのでまともな和食を5ヶ
月も御預けでは自然と足が向く。

一旦ホテルへ戻り、余分なものを置いてきたのでそのレストランへ戻ったときは2
時30分少し前だった。もう終了のような玄関前だったが、無理して中へ入って店
の人に聞いたらまだ大丈夫だった。そして、お奨めの幕の内を注文した。

鯖の南蛮漬け、カボチャの煮物、サーモン刺身、漬物にご飯という内容だった。

そして、遅い昼食にも関わらず既に18時ごろには空腹感を覚えていたのでリピー
トした。

夕飯には上寿司を注文したがやや期待外れ、ネタを確認すべきだったと反省。イ
スタンブルの上寿司はかなり美味しかったのでここでも注文してみたのだが。こ
の上寿司だけでは足りなく、天丼を追加注文した。お茶がビールより高いのは理
不尽と思いながらも5ヶ月ぶりの和食に一定の満足感を味わった。

欲を言うなら、マグロは炙りだったが筋がありこれは外れでした。マグロが外れ
ると一気に評価が下がります。これならば、並みの寿司でも十分だったかな。仕
入先を聞いたところ、スリランカとの返答、キハダだろうか。

「ウィーン+和食レストラン」で検索したら私と同じ「上寿司と天丼」を注文し
たブログがヒット、写真もありわかりやすい。イスタンブルからウィーンへ来た
時の天満屋で食事をした説明だが、イスタンブルの日本料理レストランとの比較
は私とは意見が異なる。
【なんちゃって舞妓の写真日記】
http://blogs.yahoo.co.jp/tottoko_tomoyakko/49115676.html

「イスタンブールにも日本料理店はいくつもありますが、失礼ですがどれもイマ
イチ。日本にあったら一瞬で潰れてしまうような味のところばかりです(それで
も定期的に行っていますが)。イスタンブールでは素材の手配が難しいとは思い
ますが、それでももう少し何とかならないものかなぁ、と常々思っています。」

との説明、

しかし、私の知っているイスタンブルの和食レストラン「五味」はここよりかな
り旨い。上寿司のマグロは地中海産畜養マグロで脂がのっていた、この味が印象
に残っている。
http://www.itsmejp.com/

それからもう一点、ご飯があまり美味しくなかった。オペラ座のリンクを挟んだ
反対側にある「千駒」という和食レストランもそうだったが。ヨーロッパではイ
タリア産あきたこまちやカリフォルニア米も入手可能であるのに・・・、と思っ
てしまう。

値段設定はいたってリーズナブルとの印象、上寿司32EUR、天丼12EURなのだから。

ウィーン天満屋
http://www.tenmaya.at/

天満屋
http://www.tenmaya.co.jp/

天満屋wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%B1%8B

ウィーンの和食レストランA_Z
http://wien-jp.com/wien-jp/jp-rest.php

ウィーングルメ「本格的日本料理店」
http://www.arukikata.co.jp/city/VIE/gourmet_3.html

ぐるなび海外版ウィーン
http://www.gnavi.co.jp/world/europe/vienna/3092_2.htm#list

■■後記
ウィーンから乗ったOS051便、B777-200機は時速1042km/hで航行、ミンスク、ノボ
シビルスク、ウランバートル、北京上空から黄海、日本海、そして日本列島を横
断して成田へ向かう。所要10時間40分、そのときこのメモを書き始めた。

巷では今日が仕事納めのようですね。多分、今年最後のメルマガとなる予定、皆
さま、良いお年をお迎えください。また、来年も引き続き出張先よりレポートし
ていく予定です、どうぞよろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界の街角からMM」第89号 2010年12月28日
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi IIO All Right Reserved.
E-mail:iio.tokyo@gmail.com
公式サイト1:http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2:http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment