Friday, 30 November 2018

【世界街角通信MM】第294号 中近東通信No.14-2018-11-30


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第294 20181130
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。
さて、201711月初旬よりヨルダンのアンマンに滞在中です。
シリーズ名を世界街角通信MM版「中近東通信」とし、今号はNo.14です。

本号、巡るましく展開する中東情勢にまったく追い付いていませんが、直近のこ
となどご紹介したいと思います。

▼目次
■ガザの唯一のグランドピアノで日本人ピアニストによるコンサート
■ヨルダン国王、来日
■米国、国連安保理のイエメン停戦決議に反対
■勝谷誠彦、逝く

■■後記

★本文★

■ガザの唯一のグランドピアノで日本人ピアニストによるコンサート

1125日、パレスチナ自治政府のガザ地区唯一のグランドピアノで日本人ピアニ
スト(今東薫)によるコンサートが開催された。このピアノは、1998年、日本政
府からパレスチナ自治政府へ贈られたヤマハのグランドピアノ、ガザ北部のナウ
ルスリゾートにできた劇場に設置されたが、2000年の第2次インティファーダ、2
007年のハマスによるガザ地区の支配、そして、2014年のイスラエルによるハマ
ス空爆により劇場も被害にあった。

しかし、ピアノは損傷したものの本体は難を逃れた。それをベルギーのNPO音楽
財団が修復し、今東さんによるピアノコンサートに繋がった。


■ヨルダン国王、来日
ヨルダン国王訪日の折、安倍総理の臨席の下、ヨルダン向け開発政策借款300
万ドルのLA調印


ヨルダン向けドル建て借款貸付契約の調印:シリア難民を多く受け入れるヨルダ
ンのビジネス環境の改善により、自立的な経済発展に貢献

■米国、国連安保理のイエメン停戦決議に反対

サウジに配慮してであろう、英国が主導していたイエメン停戦決議案、米が反対
票を投じた。

US 'slams the brakes' on UN Yemen ceasefire resolution

Time "running out" for war-torn Yemen as Saudis delay peace proposal

UKが国連安保理でイエメン停戦決議を提案するもの米国の態度は不明。
UK tables UN security council resolution calling for Yemen truce

■勝谷誠彦、突然逝く

不肖宮嶋の名付け親、勝谷誠彦氏、突然逝く。御冥福をお祈りします

「天才的で優秀」「何でもできる人」 勝谷さん偲ぶ声続々

追悼・勝谷誠彦 “恐るべき新人”だった文春時代

肝臓を壊すアルコール~勝谷誠彦さんの死から考える

■神宮外苑のイチョウ並木

11月末から12月初旬が旬、ここ数年、もっとかも、毎年見逃している神宮外苑の
銀杏並木の黄葉、80-90年代は今ほど混雑していなかった記憶。


■ウクライナ大飢饉追悼

あまり知られていないがソ連時代の1933年、ウクライナで300万人が犠牲になっ
た大飢饉の追悼

85 Years Later, Ukraine Marks Famine That Killed Millions

■ケルチ海峡付近のアゾフ海でロシアがウクライナ船を拿捕

ロシア軍はアゾフ海でウクライナ軍の船舶が領海侵犯したので3隻を拿捕。

Tension escalates after Russia seizes Ukraine naval ships

All three Ukrainian Navy vessels that violated Russias border detained
 in Black Sea

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.293の目次
▼目次
■ラマダン始まる
■スリランカの高品質なフルーツ
■イラク総選挙
■ジブチ-エチオピア鉄道
■米国大使館、エルサレム移転式典
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

10月から11月へと多忙を極め、11月初旬に家族の件で1週間ほど帰国、例によっ
てエミレーツ航空は相性が悪いことを再度思い知らされた。羽田空港のチェック
インで手荷物、まあ、正確に計量しなかったのだが、ラップトップPC2KG分エ
クスを徴収された。

機材やフライトスケジュールは悪くないのだがどうも、だ。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第294 20181130
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Wednesday, 12 September 2018

【世界街角通信MM】第293号 中近東通信No.13-2018-09-12


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第293 2018912
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。
さて、11月初旬よりヨルダンのアンマンに滞在中です。
シリーズ名を世界街角通信MM版「中近東通信」とし、今号はNo.13です。

4月から5月にかけて本業の方で多忙を極めており、こちらが御座なりになってお
りました。その間、当地域では米国大使館のエルサレム移転問題やシリア内のイ
ラン基地からのイスラエルへのミサイル発射、日本からは4月末の河野外務大臣、
続いて安倍総理の中東訪問と外交行事が続きました。

近所の正教会で行われた4月の復活大祭については後日に。

さて、大坂なおみのUSオープン優勝、日本人でのグランドスラムタイトル初、素
直にお祝いしたかったのですが、第一セットで大坂なおみに完敗だったセリー
ナ・ウィリアムズのヒステリックな審判への抗議、品位に欠けていましたね。

本号、かなりのバックログ、5月中旬から6月中旬頃の出来事など気になったトピ
ックをご紹介いたします。

▼目次
■ラマダン始まる
■スリランカの高品質なフルーツ
■イラク総選挙
■ジブチ-エチオピア鉄道
■米国大使館、エルサレム移転式典

■■後記

★本文★
■ラマダン始まる

517日午前3時、ふと目が覚めたがいつになく静かである、1時間以内にラマダ
ンのお祈りが始まるからだろう。

終わりがいつなのか、Eid Al Fitrが現在では617日、18日である。

■スリランカの高品質なフルーツ

スリランカ灌漑省次官との協議の際、用意されていた灌漑農地産の高品質な果物。
この時、灌漑案件への円借款が準備されていたがNGOが環境社会配慮で意見があ
り、円借款が頓挫した直後で、灌漑省との関係改善を意図した最初の会議であっ
た。結果は案ずるより産むが易し。この時、次官は日本への輸出も意図していた、
この品質ならば可能だと思ったものだ。

■イラク総選挙


イラクの国会議員選挙、明日までには結果が出るが、中間では現首相であるア
バーディ派を含むシーア2派が優勢とのこと。投票率は44.5%と低迷、選挙は一県
一選挙区の比例代表制、定数329、立候補者数6990、うち女性2011、女性議員は
最低25%(83議席)割り当てられる。また、ヤジーディー教徒他少数派に9議席割り
当てられる。集計は今回から電子集計システムうぃ採用している。

イラク選挙結果、優勢と伝えられていたアバーディ首相派(勝利連合)は第三党、
第一党1はサドル率いるサーイルーン、第二党は人民動員部隊が形成したファタ
ハ連合、主要政党間の票差は少なく第一党のサーイルーンでも20%に満たない。

■ジブチ-エチオピア鉄道

土地収用問題が根深い、他方、運営は?

■米国大使館、エルサレム移転式典



本日5/14、米国大使館のエルサレムへの移転セレモニーが行われる。この日は、
イスラエルではエルサレムデーであり、1967年第三次中東戦争(6日戦争)でイス
ラエルがエルサレム旧市街を奪還した日(1949年の第一次中東戦争で旧市街のあ
る東エルサレムはヨルダンの支配下に、しかし1994年ヨルダンはイスラエルとの
平和条約で西岸地区の領有を放棄、他方、パレスチナ自治政府本日東エルサレム
を首都としている)を記念している。

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.292の目次
▼目次
■丹下健三とヨルダン
■イランとEurasian Economic Union 5/173年間のFTA締結
■シェレメチェヴォ空港ターミナルBが改装
■ケルチ海峡大橋、完成!
■どうでもよい世界の金持ちリスト
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

ここ数号、時系列的に逆行していますこと、ご容赦。

繰り返しになりますが、大坂なおみのUSオープン優勝、日本人でのグランドスラ
ムタイトル初、素直にお祝いしたかったのですが、第一セットで大坂なおみに完
敗だったセリーナ・ウィリアムズのヒステリックな審判への抗議、品位に欠けて
いましたね。

ネットでの無料視聴サイトを見つけ観戦、次号にそのサイトを紹介します。、

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第293 2018912
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Tuesday, 11 September 2018

【世界街角通信MM】第292号 中近東通信No.12-2018-09-11


★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第292 2018911
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

大坂なおみのUSオープンテニス優勝、おめでとう!
セリーナの抗議態度と米メディアの対応状況、次号以降にこの歪なことを書こう
と思います。

5月末より時間を割くことが難しく今に至っています。前号、間が空きましたの
で同じ内容ですが第292号としてお届けします。

本日、911日、イスラムのヒジュラ暦では新年、ヨルダンは祝日です。

以下、291号の内容です。

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。
さて、11月初旬よりヨルダンのアンマンに滞在中です。
シリーズ名を世界街角通信MM版「中近東通信」とし、今号はNo.11です。

4月から5月にかけて本業の方で多忙を極めており、こちらが御座なりになってお
りました。その間、当地域では米国大使館のエルサレム移転問題やシリア内のイ
ラン基地からのイスラエルへのミサイル発射、日本からは4月末の河野外務大臣、
続いて安倍総理の中東訪問と外交行事が続きました。

近所の正教会で行われた4月の復活大祭については後日に。

▼目次
■丹下健三とヨルダン
■イランとEurasian Economic Union 5/173年間のFTA締結
■シェレメチェヴォ空港ターミナルBが改装
■ケルチ海峡大橋、完成!
■どうでもよい世界の金持ちリスト
■■後記

★本文★

■丹下健三とヨルダン

当地の日本人の間でもあまり知られていない、このヨルダン科学技術大学と日本
との関係、80年代に丹下健三がキャンパスの基本設計を行い、その後、病院を含
む施設の実施設計を行なっている。最近では、円借款(セクターローン)の一部が
教育棟の建設に支出されている。

King Abdullah Hospital at JUST, 1989。これもJUST同様に丹下健三作品。

丹下健三作品、ヨルダン科学技術大学(1986) in Irbid.

丹下健三設計の作品がアンマンにもあるというので調べてみたが、王宮(1983)
ゃ見られない。アサド大統領官邸も丹下作品(1981)、当時は中東でも日本の建築
家が活躍していた。

■イランとEurasian Economic Union 5/173年間のFTA締結

イランとアルメニア国境の都市メグリのFEZへの加工型投資が期待される。この
ルート、イランのペルシャ湾の港湾都市バンダルアッバスに繋がっているが、イ
ラン国内からメグリ、メグリからエレバン、エレバンからトビリシの道路は険し
い。更ににロシアまでもカフカス越えとなると険しい。エレバンに滞在していた
当時、メグリまでとトビリシ、ポティまでは道路状況を踏査した。

■シェレメチェヴォ空港ターミナルBが改装

シェレメチェヴォ空港ターミナルBが改装されDEFターミナルへの移動用水平
エレベーターが設置された。これまでトランジットでも、一旦、入国しないとい
けないターミナルだったが本来のトランジットになったということなのだろうか。


■ケルチ海峡大橋、完成!

総延長19kmのカルチ峡大橋、供用開始、工事進捗ビデオが凄い!

プーシキン大統領がKAMAZトラックを運転して渡り初め。^_^

■どうでもよい世界の金持ちリスト

日本人も御一方、ランクされています。

★本文ここまで★

前号 世界街角通信MM No.290の目次
▼目次
■オーストリア航空、成田線復活
■世界最強パスポートは日本
■イスラエル空軍、F35B、実戦配備
■イスラム開発銀行の南南協力報告書への寄稿
■アンマンでフィリピンペソ?
■アンゲラ・メルケル独首相はポーランド系
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

日本との関係が稀有な国だと感じていたが、それでも、6か月もいると若干なが
ら視野に入ってきた。世界の建築家丹下健三設計の作品だ。

来週、視察に行くことにしている。しかし、それ以外がまだ見えてこない。

■後記の後記

6月、7月、8月とあっという間に次官が過ぎ去っていきました。その間、イラク
から政府職員を2回迎え今年度の事業についての協議を行い、その後、タイのホ
アヒン郊外で実施されたUNHCRの安全管理研修と称する研修に出席、戻ってから
本部からミッションを迎え、その後、母の見舞いのため一時帰国、猛暑の東京を
体験して、8月末にアンマンに戻ってきました。

本日、9/11、衝撃の映像でしたが個人的にはあまり掘り下げないままでした。

引き続き、バックログ満載ですが、これからメモを。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第292 2018911
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★