Saturday, 21 March 2015

【世界街角通信】第222号 ウクライナのパトカーはプリウス 2015年3月21日



★★★メールマガジン「世界街角通信」第222 2015321日★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

今号は「ウクライナのパトカーはプリウス」をお届けします。

▼目次
■ウクライナへプリウス1200台を納車 排出権取引の枠組みで
■新パトカーのデザイン 市民投票
■■後記

★★★本文★★★

■ウクライナへプリウス1200台を納車 排出権取引の枠組みで

住友商事の提案により、環境省と経済産業省から業務委託を受けている新エネル
ギー産業技術総合開発機構(NEDO)とウクライナ環境投資庁(SEIA)は、京都議
定書の排出権取引の枠組みである「グリーン投資スキーム(GIS)」の契約を行い、
SEIA傘下のデルジェコインベスト社と住友商事がウクライナ内務省へパトカー12
20台を納入する契約を20128月に締結しました。

簡単に言うとウクライナは余剰排出権を日本政府へ売却、その取得代金を温室効
果ガスの排出削減などの環境対策に使用するもので、今回はハイブリッド車を納
入するというものでした。契約総額は3400万米国ドル、契約通貨が米ドル建てで
あり、為替が契約時点なのかはわかりません、仮に2012年当時の為替だと27.2
円、現在の為替では約40.8億円になります。

排出枠に余裕のある国は、余剰排出量を必要としている国へ売却することにより
国家歳入とし、その資金を国家の運営に歳出できる。日本側もその代金の支払い
に環境対策に使用できるハイブリッド車で支払が可能ならば、現金決済より経済
界にとっては望ましい。

トヨタ「プリウス」をウクライナの警察車両向けに1,200台納入 - 住友商事

ウクライナ警察にハイブリッド車1220台を納入

■新パトカーのデザイン 市民投票

そして、その事業が進展し、新パトカーのデザインを決める段階に入り、市民の
意見を聞くことになり独立広場(マイダン)で新デザインのパトカーを展示して
市民投票がありました。(推測、記事に説明がないので)

下記の記事によると、排出権取引に関するGIS等には触れていませんが、写真は
プリウス、ということは排出権取得の一部代金の代替として納車されたハイブリ
ッド車とみて間違いないですね。

ウクライナ内務省は、ポスト・マイダン改革の過程である欧州基準の法執行改革
継続が主なお題目のようですが、この契約締結は2012年なので素直に耳を傾ける
わけにもいきません。

New Ukrainian police cars presented to Kyiv public as law enforcement
reform continues

■フェースブック「世界街角通信」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

その他、Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共
産圏を含むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE
露・東欧地域研究会」です。

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記
本来の関心エリアへ戻り、日本との関係でウクライナ関連トピックをお届けしま
した。

掘り起こせば興味深いことが多々あります、時間の許す限り、続けていきたいと
思います。

★☆☆★☆☆★☆☆
メールマガジン「世界街角通信」第222 2015321
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
★☆☆★☆☆★☆☆以上です。

No comments:

Post a Comment