Saturday, 30 March 2013

【世界街角通信】第159号アルメニアワイン、ブルンバーグでトップ10入り 2013年3月27日

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第159号 2013年3月27日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ノアの箱舟がアララト山に漂着し、その麓でノアが最初のブドウを植えた。これ
がアルメニアワインのはじまりです。そのアルメニアワインがブルンバーグでラ
ンク入りした。

▼目次
■アルメニアワイン、ブルンバーグランキングでトップ10入り
■アルメニアワインの歴史
■アルメニアワイン祭りツアー

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★案内
東京でアルメニア語の、大阪でウズベク語の言語研修が行われます。
(東京外語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/training/ilc

■アルメニアワイン、ブルンバーグランキングでトップ10入り

世の中(日本)ではアルメニアという国同様にアルメニアワインも知られていな
い。昨今、やっとブルガリアワインが認知されるようになってきているが、それ
らはテーブルワインの範囲(日本では)である。

さて、この度、世界のワインランキングを公表しているBloombergのワインラン
キングにアルメニアワインが堂々とランクインした。

「2010 Zorah Karasi Areni Noir、areni noir種」

Top 10 Wines of 2012 From Burgundy to Armenia to Sonoma
http://www.bloomberg.com/news/2012-12-17/top-10-wines-of-2012-from-burgu
ndy-to-armenia-to-sonoma.html

世界最古のワイナリーであるAreni-1洞窟(約6000年前)があるアレニで醸造さ
れているワイン、この辺りは現在もワインの産地となっている、実に長い歴史が
ある。

Armenian Wine Makes Bloomberg’s Top 10 List(アルメニアのメディア)
http://asbarez.com/107320/armenian-wine-makes-bloomberg%E2%80%99s-top-10
-list/

Taking Stock of Armenia's Wine Industry
http://www.eurasianet.org/node/65577

Zorah Wine
http://www.zorahwines.com/

■アルメニアワインの歴史

5500年前のモカシンに似た皮靴が非常に良好な保存状態で発見されたばかりのア
ルメニア南部、アレニ村近郊の洞窟で、足踏み式のワイン用ブドウ圧搾機、発酵
および貯蔵用の槽、コップ、干からびたブドウのつるや皮、種などが発掘された
と発表された。これは6100年前にワイン醸造を行っていたということになる。
(National Geographic News)

アルメニアは古代より受け継がれている伝統的なワイン醸造としてその名が知ら
れていた。哲学者であるヘロドトスとストラボンさえもワイン醸造について学ぶ
ことは可能であった。紀元前400-401年、クセノポン(Ksenophon)に率いられた
ギリシャ軍が古代のアルメニアであるナイリ(Nairi)を通過した時、アルメニア
の農民は深い洞窟の"karases"(発酵槽)にワインとビールを蓄えていた。

"karases"(発酵槽)にアシを入れて先祖のためにワインとビールを塩貯蔵室に
蓄えていたことは興味深い。19-20世紀、Pyatrovskiによる考古学的発掘調査は、
アルメニアが紀元前9世紀にはワイン醸造国として発展していたことを確認した。
Teyshebaini城塞のなかで480karases(発酵槽)=37000デカリッター(x10リッ
トル)のワイン相当となる、が発見されている。

古代アルメニアの最も古い定住地より数千年前となるKarmir Blurを発掘中、そ
して、2800年前に建設され2700年前に古代アルメニアの都となったErebouni(現
在のエレバン市域)の発掘調査中に、10か所のワイン貯蔵庫にそれぞれ200 kara
ses(発酵槽)が見つかっている。最も古い古代国家であるUrartuの住民であった
アルメニア人の先祖は、ワイン醸造に従事していた。

歴史的な証明では、世界で最も古い古代国家の一つでは、ワイン醸造と果物栽培
の開発に特別に注意が払われていた。しばしば、歴史書の中ではアルメニアのワ
インとビールの製造技術が述べられている。

アルメニアワインは、ソ連時代、アルメニアワイン醸造は最も繁栄の頂点であっ
た。ワインと言えばグルジア産かモルドバ産ワインがソ連国内では名が知られて
いたことから、他方、ロシア南部にはアルメニア人も多いことから、流通してい
たのか知りたいものだ。

つづく・・・
(wikiを参考)

http://winar.am/en/about/armenia.htm

Armenia Wine
http://wpedia.search.goo.ne.jp/enwiki/Armenia_%28wine%29

世界最古のワイン醸造所アルメニア
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=201101
12003

動画-アルメニアワインの歴史
http://youtu.be/27r_PDDDXeg

■アルメニアのワイン祭りツアー

ノアの箱舟がアララト山に到着し、その麓でノアが最初のブドウを植えた。それ
がアルメニアワインのはじまりなのです。

ワイン祭りは、5500年前とされる世界最古のワイン醸造所が見つかった洞窟のあ
る、現在もワイン産地でであるアレニ村で毎年10月に行われている。アレニ村の
洞窟では世界最古の靴も発見されている。

ワイン祭りへは、アーシャアララトトラベル(日本語通訳付き)がオーダーメイ
ドのツアーを提供している。

アルメニアワイン祭り Asya Ararat Travel
http://www.asyaararat.com/Main.htm

また、4日間のツアーがSeven Dayという観光会社から提供されている。
http://www.welcomearmenia.com/tours_in_armenia/wine_tour_in_armenia_-_4_
days

このツアー、ワインだけではなくアルメニアコニャックや付近のアルメニア教会、
セバン湖等の観光地を巡るツアーで、料金も上記のサイトに明記している。

余談ですが、下記サイトへアクセスするとアルメニア音楽がBGMとして流れます。

Seven Days
http://www.welcomearmenia.com/

★★★フォトギャラリーのご紹介★★★

このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog
http://klubnikaphoto.blog.fc2.com/

photo blog 世界街角通信
http://worldcityimg.blogspot.com/

★★★お薦めメルマガ★★★

Japan on the Globe-国際派日本人養成講座
http://archive.mag2.com/0000000699/index.html

ロシア政治経済ジャーナル
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

国際インテリジェンス機密ファイル
http://archive.mag2.com/0000258752/index.html

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信
http://archive.mag2.com/0000110606/index.html

■■後記

日本では縁のないアルメニアワイン、ブランデーとて同じ状況であろう。

都内のロシア料理レストランでは味わえる可能性があるが、アルメニアはワイン
よりブランデーが知られているからやはり日本ではアルメニアワインは難しい。
こういうのは現地で味わうのが良いと思う、Let's Go Armenia!

★案内
東京でアルメニア語の、大阪でウズベク語の言語研修が行われます。
(東京外語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)
http://www.aa.tufs.ac.jp/ja/training/ilc

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第159号 2013年3月27日
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
E-mail:iio.tokyo@gmail.com
公式サイト1:http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2:http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
Twitter: http://twitter.com/moskvichka55
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment