Tuesday, 30 September 2014

【世界街角通信】第204号 レイテ島タクロバンNo.13 ‐ 2014年9月30日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第204 2014930
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さま、こんにちは、世界街角通信です。アフリカの熱帯高地、ウガンダ北部の
グルより「Gule滞在ノート」をお届けししていましたが、今回はフィリピン・レ
イテ島タクロバンの継続、その13になります。

【訂正】
前号のタイトルがウガンダのタイトルとなっていました。
【世界街角通信】第203号 ウガンダ北部Gulu滞在ノート2-2014914
【世界街角通信】第203号 ウクライナ情勢ノート01-2014914

▼目次
■ウガンダからイスタンブール経由で帰国、フィリピンへ出張
■ペラパレスホテルとアガサクリスティー
Hotel Alejandro再び

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ウガンダからイスタンブール経由で帰国、フィリピンへ出張

長い長い2週間となった。というのは、先週はウガンダからイスタンブールを経
由し、中一日でマニラへ移動、ほとんど寝る間もなく、翌日、03:00にホテ
ルを出て04:45発のタクロバン行きフライトへ搭乗する予定であったが台風
の影響で遅延、その後キャンセルとなった。

代替ルートを探して、セブまで当日のフライトで移動、翌日セブからオルモック
まで高速フェリー、そして陸路でタクロバンへというルートで移動し夕方にタク
ロバンに着いた。マニラ空港には03;30-20:00までいたし、寝不足が
続き、タクロバン到着翌日の日曜日はほとんど寝ていたが、今週月曜日からフル
稼働、なので今週末がやっと通常の週末となった。遅めに起きホテルでゆっくり
朝食を取り、そのまま、くつろいでいる。

なぜ故にこんな早い便に乗ろうとしたのか、04:45のフライトは当日に開催
されるワークショップへの出席を意図してのことだったが無理し過ぎでしたね。
出席するのならばもっと早く開催日を決めないといけない。

同時にタクロバン空港滑走路が補修中でジェット機が飛ばせずプロペラ機のみと
なっていることから預入荷物が10kg、手荷物7kgとの制限があり、オーバーブッ
キングでキャンセルが頻発していた状況から早めに空港へ行った。その時のウエ
イティングは11番目だった。76人乗りをどういうわけか38人に制限していること
からのようだった。

機材はDHC-Q400。キャンセル後の再予約は最も早いフライトが23日(当日は19
日)だったので、最も確実な当日移動できるセブ経由フェリー陸路とした。セブ
一泊はよかったが、疲れた。なので今週はほとんど仕事が進んでいない。

■ペラパレスホテルとアガサクリスティー

イスタンブールに立ち寄ったので。

Pera Palace Hotel Jumeirah, イスタンブールで仕事をしていた時に住んでいた
アパートの直ぐ近くにこのホテルがあった、毎日、このホテルの前を徒歩で通勤
した。というのはイスタンブール市役所の事務所がこのホテルの目の前に位置し
ていたからだ、当時、改修工事を始めたばかりで2年後に完了する予定だった、
それ以来気になっていたが今回のイスタンブールトランジットで少しフォローし
た。ドバイ資本の名前がホテルに冠しているのがやや気になる。出来栄えは次回
に。

このホテル、オリエント急行の乗客が宿泊するホテルとしてオスマントルコ帝国
における欧州様式のホテルとして1892年に開業した。Webによると今年が「オリ
エント急行殺人事件」執筆80周年とのこと。著者のアガサ・クリスティーがこの
ホテルに宿泊して執筆した。

Pera Palace Hotel Jumeirah

Hotel Alejandro再び

ホテルの2階廊下に他の写真とともに日本人の写真が展示されていた。この人は
フィリピン人もよく知る山下泰文陸軍大将 第14方面軍司令官、戦後、マニラ軍
事裁判によりマニラで絞首刑となった。イントラムーロスと聞いている。

この写真をはじめ、多くの戦時中の日本軍の写真が私の宿泊している Hotel Ale jandro, Tacloban Cityのロビーに展示されいた。過去形としたのは、5月に宿泊
した時と展示内容が異なっているからだ。この山下泰文陸軍大将の写真もこのホ
テルの2階に展示されていた。

なぜか、今回、写真を見渡すと前回と写真の内容が異なる。日本軍の写真がほと
んどなくなり、連合軍(米軍が主)のがほとんどなのだ。私の部屋へ入る廊下側
には、レイテ沖海戦の日本海軍の提督等が米軍に代わっていたことから気が付い
た。特に2階奥、UNOCHAが事務所に使っていた側に日本関係が多かったが、ほと
んど取り外されていた。

ホテルは、6月後半から8月初旬まで米軍から予約が入っており、全室、押さえら
れていた。この件から類推すると、ホテル側が何らかの考えの基に架け替えたの
だろう。この山下大将の写真は廊下奥に取り外された日本軍関係の写真をととも
に裏返されて置かれていたからだ。

米軍の滞在はRIMPAC2014及びパシフィックパートナーシップ2014に関連して
いると思われる。

Hotel Alejandroの展示写真

パシフィックパートナーシップ2014

■フェースブック・グループのご案内

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共産圏を含
むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE 露・東欧
地域研究会」です。どうぞお見知りおきを!

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebookのページのご紹介

★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

Flickr

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

ショパン:ノクターン第2番変ホ長調作品9-2 by 中村紘子を聴きながら。
タクロバンにて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第204 2014930
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment