Monday, 11 September 2017

【世界街角通信MM】第278号アフリカの角にて No.27-2017-09-10



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第278 2017910
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

神の思し召しにより201510月中旬より「アフリカの角」地域、エチオピア高原
のアジスアベバに滞留しています。バックログながら半年ほど時間を巻き戻しつ
つ「アフリカの角にて」を備忘録的に筆者の琴線に触れたことをお届けします。

5月以来多忙につき、サボっていましたが、復活しています。今号はアフリカの
No.28です。

▼目次
■ウズベキスタンとキルギスタン、新たな関係構築へ
■アルメニア、日本国国籍へビザ免除
■パスポート用写真審査の厳格化と写真館
■谷深い黒部渓谷と黒部ダム
■新東名高速道のPAE1
■エチオピアの郵便事情
■■後記

★本文★

■ウズベキスタンとキルギスタン、新たな関係構築へ

ミルジヨエフ・ウズベキスタン大統領、アタムバエフ・キルギス大統領を訪問、
長年の懸案だった両国間の国境問題解決を含めて新たな二国間関係構築へ進展し
つつある。

国境問題では、両国が接する1170kmのうち85%が合意され、フェルガナ盆地のオ
シュとアンデジャン間のDostuk国境が2010年以来閉鎖されていたが、96日、再
開し、24時間通過が可能な状態となった。そもそもこの国境線は、スターリン時
代に引かれたもので、そこに住む民族を考慮して引かれたものではなく、両国に
ウズベク人が分断して住んでいる。当然ながら家族もそうなる。

両国はソ連崩壊後に独立し、これまでの名目上の国境であったのが実際の国境と
なり、両国間の地理的な位置づけから河川の上流と下流という関係とエネルギー
供給の関係で独立以降、対立が続いてた。

昨年の前カリモフ・ウズベキスタン大統領の死去により、新たな政権へ移行後、
雪解けムードで両国間関係が進展して、今回の関係改善に漕ぎ着けた。ウズベキ
スタンは経済関係の強化にも関心が高く、ミルジヨエフ大統領から自動車の組立
工場若しくはテキスタイル工場の合弁についてオファーした様だが、自動車は既
にカザフスタン企業がGMモデルを組み立てる同様な提案をしている。

今回の二国間関係改善におけるミルジヨエフ大統領の最大の狙いは、水問題で前
カリモフ大統領が綿花栽培への影響を強く懸念していたKambarata1水力発電所建
設へのウズベキスタン側の協力である。発電所建設は、ロシア企業RAO UESが既
1860MWの発電機を設置しているものの、完成までには更にUSD2.0 bil.の費用
が必要と見積もられている。

この発電所の完成により$0.02/kWhという安価な電力をウズベキスタンに供給し、
一方でウズベキスタン・ブハラ州のガス田からガスをカザフスタンへのガスパイ
プラインのキルギス区間を倍に拡張してキルギスへも供給することで両国の利害
が一致する。

■アルメニア、日本国国籍へビザ免除

これは有り難い措置(96日に実施)である、また、小国にとっては経済的に効果
的な判断、隣国ジョージアも日本国籍は無し(オンアライバル)。ただ、旅券の種
類の説明がないので要確認。

これまでアルメニア外務省は、ビザ免除は相互が原則と主張していたがやっと現
実を認識したのだろう。

■パスポート用写真審査の厳格化と町の写真館

最近のパスポート申請用の写真が、以前のは登録されているのか、画像の審査が
かなり厳格に行われ、6か月以内ので修正が施されていないのでないと受け付け
ない。

2015年に申請した時にスリランカのコロンボで撮影したパスポート用写真を提出
したら却下された。理由は画像が修正されているとの言う理由、それでオリジナ
ルを確認したら、フォトショップで切り取って作成しているのが判明したので近
所の写真屋で取り直した。

その近所の写真屋(祐天寺駅前)、画像データをちょうだいと要請したら、別途
3千円近く要求された記憶がある、撮影料と同じ程度の金額だったと思う。仕方
がないので支払ったが、我々は同じ写真やで焼き増しを容易にできないのでデー
タファイルを携行しているそのパターンに合わない。

その時に既にこのスタジオと料金を認識していたのですが、上着を持ち込む都合
から近い方になびいてしまった。今回は、しっかりとこちらのスタジオで撮影し
ていただいた、質的には同じ、無料でCDにデータ焼いてもらった、空いていたの
で直ぐに撮影できた。

■谷深い黒部渓谷と黒部ダム

実家に帰省している時にTVを付けていたらNHK BS1だったか、黒部渓谷の映像が
現れた。素晴らしい映像だったので見入ってしまった。

黒部ダム、335MW、日本第4位の水力発電所、そう簡単には見られないディープな
世界、谷の深さに感嘆。

名古屋圏のプログラムが東京とは異なるのが幸いした。

■新東名高速道のPAE1

新東名高速道のPAに「E1」と工事の案内が書いてあった。これは、多分、高速道
路という意味であろうが、ヨーロッパの幹線道路ネットワーク(TEN-T)と同じロ
ゴのデザイン、サインの色も同じ。

正確には、若干は異なるのとは思うが、日本に居るのでヨーロッパでは無いこと
は明白なのですが、私的にはやや違和感を感じる。EExpresswayと推察、Highw
ayでは無くて。

■ムンバイメトロ4号線、AIIBが融資

ムンバイメトロ4号線総事業費USD2.22bilのうちAIIBUSD500milを融資。2021
の完成予定。4号線総延長は32km32駅、うち4駅が他の路線と乗り換え駅、高架
部が多い。

US Openでの大阪なおみ、

日米二重国籍だが日本を代表しているとのこと、セレナを彷彿とさせる、身長は
セレナより高く180cm

■マダニが媒介する致死率の高い感染症

ドキッとしたニュース、そして、また驚いた(後半)。
ダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」、ネコ科動物からペット
に、そして人間に感染し死亡した例が2013年にあった。

失態、会見中の致死率の高い感染症を媒介するマダニ、逃走。DWの記事、それが
ニュースになっていた、ワールドワイドで。

■検閲制度時代のウズベキスタンの写真

ウズベキスタン、検閲制度が変更になり前政権時代には公開出来なかった、村の
生活におけるソビエト時代のシンボル的な要素を含んだ写真が公開出来るように
なった。

ウズベキスタンの村、どこかは明記されていないが、村の住宅やその暖房用の熱
が供給されている事がパイプの配管から読み取れる。他方、水汲みに人々が集ま
って来ていることから水道は各住戸に配管されていないということだろう。

■エチオピアの郵便事情

日本からアジスアベバには郵便小包が届いているので機能しているであろうとの
前提で、アジスアベバから郵便物を送る場合の料金を調べようとネットで検索す
るがヒットしない。

よって中央郵便局まで足を運んで料金を確認した。郵便小包とEMSがあり、郵便
小包は料金表があったが、EMSは特になく、持ち込んだときに重量からパソコン
上で料金を確認しているシステムだった。

郵便小包Small Packetの場合は、ゾーン1-3があり、日本はゾーン3が適用さ
れる。1kgまでが373.2ETB2kgまでが732.90ETB

EMSは料金表がないので窓口で聞いてみたところ、日本まで1kgまでが416ETB2
kgまでが673ETBとこちらのがお得なようでした。

因みに封書は日本まで20g9.7ETB

時間がかかるが届かないということは無いようです。それは日本からでもエチオ
ピアからでも。

具体的な情報がないが、下記がエチオピア郵便です。

★本文ここまで★
前号 世界街角通信MM No.277の目次
▼目次
■エチオピア、政府高官39人不正で逮捕
■ティグライ州でNewmontによる金鉱山開発
■エチオピアン・グランド・ルネサンス・ダム
■エチオピア航空、サンパウロ便直行に
■エチオピア東部で部族間衝突
■スイス、エリトリア難民却下
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

アフリカの角関連はエチオピア郵便事業のみです。

麻布十番 納涼まつり2017 8/26(土)27(日)PM3-9

来年は行けるように調整しよう。目黒のサンマより行きやすい。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第278 2017910
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Sunday, 10 September 2017

【世界街角通信MM】第277号アフリカの角にて No.26-2017-09-09



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第277 201799
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

神の思し召しにより201510月中旬より「アフリカの角」地域、エチオピア高原
のアジスアベバに滞留しています。バックログながら半年ほど時間を巻き戻しつ
つ「アフリカの角にて」を備忘録的に筆者の琴線に触れたことをお届けします。

5月以来多忙につき、サボっていましたが、復活しています。今号は「アフリカ
の角 」No.26です。

▼目次
■エチオピア、政府高官39人不正で逮捕
■ティグライ州でNewmontによる金鉱山開発
■エチオピアン・グランド・ルネサンス・ダム
■エチオピア航空、サンパウロ便直行に
■エチオピア東部で部族間衝突
■スイス、エリトリア難民却下
■■後記

★本文★

■エチオピア、政府高官39人不正で逮捕

留守にしていて情報が無かったが(こんな重要なことを連絡してこないことに呆
れた)、エチオピアの多くの政府高官39人が過去数年間の不正で逮捕されていた。
その中には某機構と関係がある人も何人かおり、6月に日本へ招聘したばかりの
財務経済協力省法務部長も含まれていた。ここはそんなことが直接出来る立場に
ないので連座であろう。既にその職を数年前に解かれている者もいるので遡及し
ている。

逮捕者のリストから道路と砂糖分野対象となったようだ。財務経済協力省は直接
出来る立場にない、文書に署名しているのでその責任であろうか。

Addis Ababa City Roads Authority
1. Engineer Fekade Haile
2. Engineer Washihun Shiferaw
3. Engineer Ahmedin Buser
4. Minash Levi, Tidhar Construction
Damages of more than 198.8 million birr

Ethiopian Roads Authority
5. Abdo Mohammed
6. Bekele Nigussie
7. Gelana Bori
8. Yeneneh Assefa
9. Bekele Balcha
10. Gebreanania Tsadik
Damages of more than 646.9 million birr

Metehara Sugar Factory
11. Endalkachew Girma
12. Senait Worku
13. Ayenew Asfaw
14. Belete Zelelew
Damages of more than 13 million birr

Ministry of Finance and Economic Cooperation
15. Musa Mohammed
16. Mesfin Workneh
17. Wassihun Abate
18. Seyoum Gobena
19. Tamrat Amare
20. Aklog Demissie
21. Getachew Negera

Non-staff but affiliated with the Ministry of Finance and Economic Coope
ration
22. Worku Abinet (PhD)
23. Tamiru Debalke
24. Yonas Merawi
Damages of more than 51.2 million birr

Tendaho Sugar Factory
25. Abebe Tesfaye
26. Bililign Tassew
Damages of more than 31.3 million birr
27. Abebe Tesfaye
28. Yemane Girmay (GYB Construction)
29. Daniel Abebe
Damages of more than 20 million birr
30. Feleke Tadesse
31. Ephrem Tadesse
Damages of more than 10 million birr
Omo Kuraz V Sugar Factory
32. Mesfin Melkamu
33. Solomon Kebede
34. Gi Yon (General Manager of GGEIC, a Chinese contractor)
35. Tsegaye Gebreigziabher Berhane
36. Salem Kebede
Damages of more than 184.4 million birr     

■ティグライ州でNewmontによる金鉱山開発

エチオピア・ティグライ州北西部で新たなNewmontによる金鉱山開発、これで外
貨不足が補えるのか?

New gold mines in Shire, Wollega, TuluKapi, as illicit trade rises

■エチオピアン・グランド・ルネサンス・ダム

201512月にアジスアベバ近郊Holeta変電所までの送電線(500kV)だけ完工して
いる。GERDが稼働するにはまだまだ時間がかかる。スーダン向けも500kV送電線
の計画がある、最終的にはエジプトまで送電する計画。

■エチオピア航空、サンパウロ便直行に

エチオピア航空はアジスアベバからサンパウロにトーゴのロメ経由で就航してい
るが、9/16よりノンストップフライトになるようだ。

乗る機会は限りなくゼロに近いが、アフリカ最大のエチオピア航空は路線数を積
極的に増やしている。それよりも通常のサービスレベルの向上を望む。予定では、
今年、あと2回乗るだけだけど。

■エチオピア東部で部族間衝突

91日の記事によると、エチオピア東部、ソマリ州とオロミア州で州間(部族間)
の武力衝突が発生、30名が死亡した。その背景は州の境界と水の問題とのこと。

下記情報が97日に発信されたので再度衝突した模様です。

▼在エチオピア日本大使館よりの抜粋

オロミア州東部(東ハラゲ地区)及び南部(グジナ地区)における激しい民族衝
突の発生

平成29年9月7日
在留邦人及び旅行者の皆様へ
在エチオピア日本国大使館

オロミア州東部及び南部における激しい民族衝突の発生

 7日朝時点で、オロミア州東部(東ハラゲ地区)及び南部(グジナ地区)の街
で激しい民族衝突が発生し、死傷者が出ているとの情報があります。 
これらの地域は、現在外務省危険情報でレベル2(「不要不急の渡航はやめて下
さい」)が指定されている場所です。
 在留邦人及びこれから当地を旅行される予定の皆様は、上記情勢を十分に理解
され、同所への不要不急の旅行は中止してください。
以上

■スイス、エリトリア難民却下

スイス連邦裁判所、危険な状況にないとしてエリトリアからの亡命申請を却下、
国外退去へ。エリトリアは北朝鮮と同じ様な地政学的な位置付けにある。

Swiss Court: No Visible Danger in Returning Immigrant Back to Eritrea

★本文ここまで★
前号 世界街角通信MM No.276の目次
■ウズベキスタンで通貨切り下げ
■地政学リスクが高まると円高になる
■タシケント‐ドシャンベ便 25年ぶり再就航
1918年のリトアニア独立宣言の原本、独外務省で発見か
■エチオピアの大地溝帯の活火山
■イエメンは政治的混乱が原因
■ルカシェンコがハルツーム訪問
■ロストフ・ナ・ドヌ、美人の産地
■電気バス
1960年代のアフガニスタン
■星組の星組以外のマイレージ提携航空会社
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

エチオピアは、911日が新年(今年は910日かもしれないが)なので、月曜日
が新年で祝日、エチオピア暦で2010年です。

これはユリウス暦を採用しているので、現在、世界的に採用されているグレゴリ
オ暦と若干差が生じている。そのため、約7年遅れている。

今、停電しているが、PCのバッテリー駆動とUSBインターネットで接続している、
情けない首都である。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第277 201799
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

Thursday, 7 September 2017

【世界街角通信MM】第276号アフリカの角にて No.25-2017-09-06



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第276 201796
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★

皆さま、こんにちは、世界街角通信MMです。

神の思し召しにより201510月中旬より「アフリカの角」地域、エチオピア高原
のアジスアベバに滞留しています。バックログながら半年ほど時間を巻き戻しつ
つ「アフリカの角にて」を備忘録的に筆者の琴線に触れたことをお届けします。

が、5月以来多忙につき、滞っていましたところ、まぐまぐから3ヶ月サボってい
ますよ、との案内をいただきました。その間にジブチとスーダンに出張、また、
ポーランドへプライベイトで行きましたし、8月は一時帰国で東京におりました、
それらを含めて今後レポートします。今号はアフリカの角No.25です。

▼目次
■ウズベキスタンで通貨切り下げ
■地政学リスクが高まると円高になる
■タシケント‐ドシャンベ便 25年ぶり再就航
1918年のリトアニア独立宣言の原本、独外務省で発見か
■エチオピアの大地溝帯の活火山
■イエメンは政治的混乱が原因
■ルカシェンコがハルツーム訪問
■ロストフ・ナ・ドヌ、美人の産地
■電気バス
1960年代のアフガニスタン
■星組の星組以外のマイレージ提携航空会社
■■後記

★本文★

■ウズベキスタンで通貨切り下げ

9/5のウズベキスタン中央銀行による主要通貨に対する為替レートは1米ドル4200
スムから8100スムに、ブラックマーケットレートの7700スムを上回った。この通
貨政策により一般市民が主要通貨の売買が容易に出来るようになったとのこと。
実勢レートがブラックマーケットとと同じ程度だとすると既にインフレ分は折込
み済みだろうが、公共料金は今後値上げされるのでは。

Central Bank of Uzbekistan devalues national currency almost twice

■地政学リスクが高まると円高になる

シリア・北情勢に加えて仏大統領選挙が影響しているとのこと。

417日の記事
円が全面高、地政学リスクを警戒-対ドルは5カ月ぶり高値更新

これは少し前の記事、最近は朝鮮半島情勢の緊張により円高になりますが直ぐに
戻ります。よって比較的為替は安定しているのではないでしょうか。

その関連記事がありましたのでご紹介しておきます。

■タシケント‐ドシャンベ便 25年ぶり再就航

4月11日、25年ぶりに飛んだようです、タシケント-ドシャンベ間のフライト。
ears/28422811.html

1918年のリトアニア独立宣言の原本、独外務省で発見か

冒頭の説明だけではわかりにくい。リトアニア大公国とポーランド立憲王国は中
世には広大な領土を有したが18世紀末までに周辺のロシア帝国などに分割された、
その約100年後の1918年に第一次世界大戦とロシア革命の結果、独立することが
できた。そして独立宣言100周年の直前にドイツで発見というのは出来過ぎてい
る印象。ちなみに今年はロシア革命100周年でもある。ソ連崩壊後の独立は周知
のとおり。

■エチオピアの大地溝帯の活火山

紅海の手前は最も低いアファール族の土地、塩の切り出しが生業、日本からもジ
ブチを起点にしたツアーが組まれている。ジブチ側にアフリカ大陸で標高が最も
低い湖がある。私の趣向ではないのですが記事を目にしたので。

■イエメンは政治的混乱が原因

飢饉
Impending famines in Africa and Yemen have political causes

■ルカシェンコがハルツーム訪問

ハルツームで聞いた話だが、ルカシェンコ・ベラルーシ大統領が今年初めにスー
ダンを訪問、製薬、農業機械、光学分野で取引きがあるようだ。この3分野はベ
ラルーシの売り、石油関係に記事では触れているが優位性があるのか不明。

■ロストフ・ナ・ドヌ、美人の産地

ヨーロッパとアジアの境界にあり、ドン川流域は多様な民族が多いことによるよ
うだ。第二次世界大戦で被害が大きかったソ連の10都市の一つ、これは初耳。ま
た、多様な民族同様にシナゴーグ、モスク、ギリシャ正教会、ロシア正教古儀式
派教会、仏教寺院、カトリック教会があり、古い建築ではアルメニア使徒教会の
スルブ・ハチ修道院がある。

■電気バス

ポーランドはバス製造業を有していることから積極的に導入を進めている。他方、
EUが決めた石炭火力の廃止はポーランドにとっては深刻。

1960年代のアフガニスタン


■星組の星組以外のマイレージ提携航空会社

エティハド航空はその一つ、かつてはカタール航空、エミレーツ航空も提携して
いた。これ、先ほど知った。

■ムバラク元エジプト大統領

2011年に辞任、アラブの春以降に起訴された最初の国家元首、6年間にわたる拘
(病院での軟禁)の末、本日、不起訴で釈放された。

■ロシアの中央アジア戦略

Assessing Russias Normative Agenda In Central Asia

★本文ここまで★
前号 世界街角通信MM No.275の目次
■モスクワで日露首脳会談
■大祖国戦勝記念日リハーサル
■仏大統領選挙、エマニュエル・マクロン氏優勢
■ナチス最後のベルリンフィル演奏
■ダッハウ強制収容所の解放と日系人
■気になっているイスタンブルのシリア
■正教会のアルバム
■■後記

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。

CA+C 中央アジア・コーカサス地域研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebook「世界街角通信MM」のご案内
★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

▼フォトギャラリー等のご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

★クルブニーカの海外ホテル++
これまで泊まったホテル備忘録

★クルブニーカの住まい・都市ウォッチング

■■後記

前号は510日発行でしたので4か月のブレイクとなりましたが、引き続きよろし
くお願いいたします。

★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信MM」第276 201796
発行責任者:飯尾彰敏
Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★★★