Saturday, 8 November 2014

【世界街角通信】第208号【イスタンブール紀行2014-04】2014年11月8日



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」       第208 2014118
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さま、こんにちは、世界街角通信です。

イスタンブールに立ち寄る機会がありましたので「イスタンブール紀行2014-0
4」と題して散策結果をお届けします。

▼目次
■【イスタンブール紀行08】コンスタンティノープル陥落-メトロの壁画
■イスタンブールでTurkCellのプリペイドSIMを購入
■イスタンブール空港荷物預かり

■■後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
訂正:前号207号、タイトルの日付けが1030日となっていますが111日です。

2007年・2008年に滞在した時のイスタンブール滞在メモ。

■【イスタンブール紀行08】コンスタンティノープル陥落-メトロの壁画

地下鉄タクシム駅構内に「コンスタンティノープル陥落」の様子を描いた壁画が
ある。

コンスタンティノープルは、西暦330年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世が、
古代ギリシアの植民都市ビュザンティオンに建設した植民都市で、395年のロー
マ帝国東西分割後は、東ローマ帝国の首都となった。

そのコンスタンティノープルは、1453529日未明、メフメト2世率いるオスマ
ン軍は城内への総攻撃を行い、門を閉め忘れた城門から城内へと侵入し、コンス
タンティノープルは陥落し、最後の皇帝コンスタンティノス11世は乱戦の中で戦
死、東ローマ帝国は滅亡した。

その戦いの様子が壁画に描かれている。特に「オスマン艦隊の山越え」、金角湾
の北側の陸地(ジェノヴァ人居住区、ガラタの外側)に油を塗った木道を造り、
それを使って70隻もの船を陸越えさせ金角湾に移す作戦に出た。この奇策に東
ローマ帝国軍の士気をくじくことになったとされる。

陥落後のコンスタンティノープルは「コスタンティニエ」と改称(イスタンブル
が公式に使われたのは1930年)に、総主教座のあったハギア・ソフィア聖堂はア
ヤ・ソフィアモスクに改装された。正教会に対しては多くの聖堂をモスクに改造
して抑圧策をとる一方で、人望の篤い修道士であったゲンナディオス・スコラリ
オスをコンスタンティノープル総主教に任命し、正教徒の懐柔にあたった。

コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)
塩野 七生

■イスタンブール空港荷物預かり

いつもお世話になっている荷物預かり所。

2か所あるとの案内、筆者が利用しているのは到着口を出て右の端へ、突き当た
りがスターバックス、その手前にトルコ航空ホテルの窓口、その隣、サインが出
ている。 料金は24時当たり。

Baggage Custody Services
Luggage Safety Tariffs
Large Baggage   25.00 TL
Suitcase        18.00 TL
Handbag         15.00 TL
Plasticbag      12.00 TL


■イスタンブールでTurkCellのプリペイドSIMを購入

Fatih LaleliGencturk StreetHotel Buyuk Kebanの並びにあるTurkcellのシ
ョップ、直営店ではない、で20TL分のプリペイドを含むSIMを購入、55TLでした。
2750円相当、やや高めの設定の印象ですが、先人のWEB情報と同じでした。

SIMの有効期間は180日、その期間以内にリチャージする必要がある。

残高確認は

*123#

画像は、一回、電話した後のもの。

Turkcell (英語版が見つからない、もしかしたらトルコ語のみ?)

■フェースブック・グループのご案内

Facebookのグループで下記の2グループを運営しています。対象は旧共産圏を含
むユーラシア地域、「中央アジア・コーカサス開発研究会」と「R+EE 露・東欧
地域研究会」です。どうぞお見知りおきを!

★中央アジア・コーカサス開発研究会(グループ)

R+EE 露・東欧地域研究会(グループ)

Facebookのページのご紹介

★世界街角通信Sekai Machikado News(コミュニティ)

Back in the USSR!

▼フォトギャラリーのご紹介
このメールマガジンの記事に関係する写真を掲載しています。

klubnika's photo blog

photo blog 世界街角通信

iPhoneで受信した場合、改行がPC用に72文字になっており、iPhoneの画面サイ
ズで自動的に改行されています。悪しからず。

■■後記

塩野七生著の「コンスタンティノープルの陥落」は20年以上前に読んだ歴史小説、
当時、イスタンブールを訪れる機会があることを前提にしていなかったが、2007
年にその機会が巡ってきた。

「オスマン艦隊の山越え」の箇所は鮮明に覚えている、丁度、住まいのあったペ
ラ地区の後ろ辺りを越え金角湾へ船を移送したのではと想像したが、あの辺りの
地形はかなり急峻だ。ボスポラス海峡側のカバタシュからタクシム広場までは、
ケーブルカー(フニクラ)が運営しているほどなのだから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「世界街角通信」第208 2014118
発行責任者:飯尾彰敏 Copyright(c) Akitoshi Iio All Right Reserved.
公式サイト1http://worldcity-mm.blogspot.com/ (メルマガ用)
公式サイト2http://worldcityimg.blogspot.com/ (photo gallery)
ご意見・ご感想:http://form.mag2.com/slicleapru
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

No comments:

Post a Comment